【中国 旅行 観光に最適】雲南省 大理ってどんなところ?

シェアする


まずは、
雲南省がどこにあるかというと、
中国の南の地域になります。

地図上でいうと、

この辺になります。

一つの省だけで、
これだけ大きいって、
中国って本当にすごいですよね。

日本なんか、
比べ物にならないです。

そして、
大理がどこにあるかというと、

Googleの地図上で見ると、

大体ここら辺です。


大理白族自治州とか、
カッコ良過ぎないですか?笑

雲南省の気候は、
一年中を通して、
とても穏やかです。

そして雲南省といえば、
プーアル茶の産地として有名ですね。

そして、
雲南省は意外にも、
コーヒーの産地としても有名です。

まずは景色や、
雰囲気の感想から言うと、
漫画でいう、
「NARUTO」
の雰囲気を少し感じましたね。

ちょっと古い町並みという感じです。

昔の日本を感じる事ができて、
正直言って田舎です。

ただ、
言うほど田舎でも無く、
程よくのんびりとしてます。

ちゃんと電車も通っていますし、
移動に関しては、
特に問題は無いと思います。

街中で、
バイクをレンタルする事も可能なので、
のんびりと、
街中を探索出来るのではないでしょうか?

物凄くのんびりとした町ですし、
とてもリラックス出来ると思います。

長期滞在には、
とてもうってつけですね。

夜の、
静かな街並みなんか、
本当に最高です。

僕は大理なら、
おそらく住めますね。

ただ、
あまりに長く住んでしまうと、
更なる刺激が欲しくなって、
少し飽きてしまう可能性もありますね。

私の知る限りだと、
遊園地やクラブ、ボーリング場などの、
娯楽施設は無い様に感じました。

ただただ、
のんびりとした町です。

ですので、
大理に滞在するのは、
数日間位にしておいて、
それからは、
また近場の、
別の町に移動する、
というのもいいのかもしれません。

個人的に大理を、
星5段階で評価するとしたら、

治安 ☆☆☆☆☆ 5
物価 ☆☆☆☆★ 4
街のキレイさ ☆☆☆☆☆ 5
観光のしやすさ ☆☆☆★★ 3
便利度 ☆☆☆★★ 3
のんびり度 ☆☆☆☆☆ 5
テーマパーク度 ☆☆☆★★ 3
全体的な雰囲気 ☆☆☆☆☆ 5

という感じでしょうか。

個人的には、
とても好きな町です。

アクセス

空港からだと、
駅までタクシーで30元程度。

昆明という街から、
バスや電車で4~5時間程度ですね。

大理の駅の周辺には、
あまり大したものは無いので、
駅前から、
8番バスに乗って、
大理古城まで行きましょう。

古城の近くまで行けば、
宿泊施設が沢山あるので、

まずは、
宿泊先に荷物を置いて、
探索に出かけるといいでしょう。

ちなみに、
駅の雰囲気はこんな感じ


まぁまぁキレイですよね。

治安について

治安はとても良いです。

夜はかなり暗くなりますが、
町中の至るところで、
オレンジ色の電灯が光って、
とてもキレイです。

何かどこか昔の世界に、
迷い込んだ様な気にさせてくれます。

とても静かな町で、
リラックスするには、
最高の場所だと思います。

夜、
女性一人で街中を歩いても、
特に問題はなさそうに感じました。

こんな感じで、
夜遅く女子達も平気で歩いてますし、

夜にも関わらず、
子供達もチラホラと、
のんびりと遊んでます。

外では、
みんなで仲良く、
ご飯を食べてる景色も沢山。


とても微笑ましいですね。

涼しくて、
のんびりとしててとても良いです。

物価


雲南省は全体的に、
物価がとても安いと思います。

大理は、
一応観光地ですが、
観光地という事を含めても、
物価はとても安い方、
なのではないでしょうか?

ゲストハウスの数も多く、
とてもキレイです。
(しかも数百円から宿泊可能な安宿も多数。)

もし、
長期旅行中などで、
出来るだけ、
予算を抑えたいという方は、
「刀削麺」がおススメです。
雲南省の刀削麺は、
安くてとても美味しいです。

街のキレイさ


ゴミなどは、
特に落ちていませんでしたし、
夜の街並みはとてもキレイで、
とても癒されます。
ちょっとだけ、
タイムスリップをした気分にさせてくれますね。

ものすごく、
リラックス出来ました。

観光のしやすさ

一応、
電車やバスも通っていますので、
アクセスはしやすいですし、
移動もそう難しくはないです。

町中で、
バイクを貸してくれるお店もありますので、
バイク観光で、
町中を見て周るというのも悪くないでしょう。

大理は、
一応観光地なのですが、
英語を話せる人というのは、
まずいないと考えた方がいいです。

英語を話せる人も、
いるにはいるのですが、
それは宿泊施設で働いている人達位で、
それ以外だと、
英語を話せる人はほぼ町中にはいません。

日本語なんてもっての他です。

ですので、
中国旅行というのは、
実は中級者向けだと思います。
(北京語を話せる人からしたら、
とても簡単です。羨ましい。)

北米や、
ヨーロッパを旅行する方が、
旅行の難易度としては、
圧倒的に低いと思います。

ただ、
だからこそ、
中国を旅行する楽しみ、
というのもあるかと思います。

僕は、
中国旅行が一番好きです。

結構派手なバイクを貸してくれる 笑。

気候に関して


雲南省全体を通して、
夏は涼しく、
冬は日本よりも温かく、
年間を通して、
春の陽気というところでしょうか。

雲南省も大きい為、
平地や、
比較的標高が高い地域によって、
多少気温が変化します。

大理に関していえば、
一年を通した平均気温は、
15~16度です。

標高が高い位置にあるので、
湿気も無く、
とてもおススメです。

大理の平均気温

便利度

大理には、
夜遅くまで空いているような、
コンビニやレストランなどがないので、
夜食などに関しては、
早めに調達しておいた方がいいでしょう。

早い時間でしたら、
大きめのスーパーや、
至るところに、
個人経営の、
小さなお店などもありますので、
そこまで不便はしないと思います。

そういえば、
町中探索中に、
アダルトショップを見つけました 。

まとめ

雲南省は、
大体どこもそうですが、
山の上にあるので、
空気がとてもキレイで、
程良く田舎です。

上海などの大都市と比べても、
ゴミゴミとしてなく、
人もそれほど多くはないです。

昔の良き中国を感じるには、
とても良い場所だと思います。

ただ、
雲南省に限らず、
中国の観光地全て、
に関して言える事ですが、

ものすごいスピードで、
都市化、観光地化が進んでいます。

昔の古き良き景色というものが、
日に日に無くなりつつあります。

日本と違って、
中国に関しては、
古き良きものは、
後世に残しておこう、
などとという感覚は一切無く、

何の躊躇も無く、
バンバンと壊しては、
新しい物でバンバンと作り変え、
無理矢理にでも、
観光客向けのものにしたりします。

ですので、
中国の古い景色や雰囲気などを、
満喫したいという方は、
ぜひ早めに、
観光に行った方がいいと思います。

あと数年もすれば、
見られなくなる景色も、
沢山あると思います。

実際に、
ここら辺の地域も、
開発などがかなり進んでいます。

大都市に関しては、
もはや東京などの都市と、
全く変わりません。

大きい街は、
結局どこに行っても同じですね。

ですので、
僕は海外旅行をする際は、
大都市と観光地、
日本人が多く出没する地域、
に行くのは嫌いです。笑
(旅行中は出来るだけ、
非現実感を味わいたい為。)

大理では、
日本人観光客は見かけませんでしたね。
(雲南省自体、
あまり日本人観光客を見かけない。)

とにかく雲南省は、
旅行するには、
とてもおススメな地域です。

中国好きなら尚更ですね。

可愛い店員さん。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク