瞑想の効果ややり方, メリットやデメリットなど【初心者におすすめの場所や方法など】

シェアする



瞑想の初心者
瞑想のやり方が分からない

瞑想をする事で何かいい事があるの?

おすすめの場所とかコツとかあれば教えて欲しい

こんにちは。根岸と申します。

私の瞑想歴はもうかれこれ数年以上、今も毎朝作業前には欠かさず瞑想をしています、

今回は、瞑想のやり方やコツ、メリットやデメリット、あると便利なものについて軽く書いていこうかなと、

個人的には瞑想の効果をものすごく感じているので、他の人にもぜひおすすめしたい習慣ですね。



瞑想のメリットやデメリット

一般的に、瞑想をする事で得られるメリットといわれているものとしては、

  • 血圧を下げる
  • 血液の循環を良くする
  • 心拍数を下げる
  • 不安やストレスを取り除く
  • 集中力アップ
  • リラックス効果など

デメリットとしては、瞑想中に過去の嫌な思い出なんかが一気に蘇ってきて、パニックになるといった事もあるみたい、

でもこれは、瞑想が上手くいってる証拠ともとれるみたい、

ただ、あまりにも心に大きなトラウマがあったりする場合は、瞑想なんかには頼らずにさっさと病院に行った方がいいでしょう、

嫌な事を忘れようとして瞑想をするのも良くないとの事ですが、私はストレスが溜まった時にはスッキリと忘れる為に瞑想をする事もあります。

【初心者】瞑想のやり方、おすすめの場所や方法など

瞑想のやり方としては、とにかくリラックスをする事が重要で、まずは、

  • 静かで誰にも邪魔されない場所を確保
  • 楽な姿勢で座り、リラックスする
  • 腹式呼吸
  • とにかく頭の中で何も考えない
  • これらの事を意識する事が重要。

    まずは、最初の練習として慣れるまでは「静かで誰にも邪魔されない場所」を確保する事が重要で、

    周りが騒がしかったり、人がいきなり入ってくるような環境だったりすると瞑想に集中する事が出来ません、

    瞑想の際には、あぐらをかくのが基本姿勢のようですが、

    自分がリラックス出来る姿勢でしたら何でも良いでしょう、

    瞑想前に軽くストレッチをするのもおすすめ、

    あとは、とにかく頭の中で何も考えない事、

    人間って絶えず、普段頭の中で何かしら考えているんですよね、

    例えば「お腹空いた」とか「今日はこれから何しようかなぁ」とか、

    瞑想の際には、とにかく何も考えない事が重要で、もし頭の中に何かしら言葉が浮かんできた時には、

    そういった言葉は気にせず無視して再び呼吸に意識を戻して、とにかく無の境地に、

    とにかく頭の中で何も考えない、これが重要、

    「無」ですね。

    僕は毎朝欠かさず、15~20分程度の瞑想をするようにしています。

    瞑想をする時にあると便利、効果的なもの

  • タイマー
  • 座布団(尾てい骨の下に敷くもの)
  • タイマーに関しては、携帯電話についているアラーム機能を使うといいでしょう、

    タイマーをかけないで瞑想をしてしまうと「もう何分位経ったかな?」と頭の中で考えてしまい、瞑想に集中する事が出来ません、

    座布団に関しては、何かしらお尻の下に敷く事によって背筋がピンと伸び、深く呼吸がしやすくなります。

    僕はバスタオルをある程度の大きさにたたんで、お尻の下に敷くようにしています。

    最後に、まとめ

    瞑想をする際には、とにかく誰にも邪魔されない場所が必要、

    そしてとにかくリラックスし、頭の中で何も考えない事が重要、

    世の成功者やグーグル等の有名企業も、瞑想を生活の中に取り入れていますし、

    瞑想は、ホルモンバランスを整え、うつの改善にもつながると言われていますからね。

    たまに、他人に瞑想の話なんかをすると、

    「え?何で?一体どうしちゃったの?」

    「何?ひょっとして意識高い系?」

    と言ってくるような人達がたまに出てきますが、

    瞑想って、別にかしこまったものでも何でもなくて、

    瞑想をすると、単純に頭がスッキリするんですよ、

    頭の中にある本棚が整理される感じで、頭の中がクリアになりやるべき事が見えてくる、

    「Try it, before you deny it」
    という、僕の好きな言葉がありまして、

    とりあえずは何事も否定せずに、まずはやってみる事から、

    とてもおすすめです。



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク