ハロートークで中国語の勉強をするのが最高な理由と使い方【独学 アプリ】

シェアする

中国語を独学で勉強してる人
中国語を勉強するのに何かいいアプリはないかなぁ?

周りに中国語を話せる人も教えてくれる人もいなくて困ってる

毎日語学学校に通うのも高いし、お金もない

こんにちは。根岸です。

今回は、ハロートーク中毒の私が、中国語を勉強するのにハロートークが最適だと思う理由、

なぜ、このアプリが、英語の勉強には不向きで、中国語の勉強には最適なのか?

中国語を独学で勉強したいという方は、必ず入れておいた方がいいサービスです。

ハロートークで中国語を勉強するのが最高な理由と使い方【アプリ】

まず単純に便利 ハロートークのおすすめ機能と使い方

まず、ハロートークの大まかな機能としては、

  • チャット、メッセージのやり取り機能
  • 日記投稿機能
  • この中でも、特におすすめで、便利な機能というのが、この日記投稿機能でして、

    例えば、あなたが、外国語で書いた日記の単語や、文法の間違いなどを、大勢の人が直してくれます、

    私の、ハロートークの主な使い方としては、外国語で単純に日記を書く、という使い方ではなく、

    「この文章って何でこうなるの?どういう意味?」というように、

    ハロートークを、単に、質問をするだけの場所として使っています、

    日記を書いたり、質問をする度に、毎度、大勢の中国人が、私の質問に対して、親身に答えてくれるので、

    単語や文法で分からない部分があったら、とりあえず、ハロートーク上で聞いちゃえば、あとは一件落着、

    とても便利で、おすすめ。

    ハロートークが英語の勉強には不向きで、中国語の勉強には最適な理由

    英語は、世界中で話されている言語で、世界共通語とまで言われているのにも関わらず、

    ハロートークがなぜ、英語の勉強には不向き、そして、中国語を勉強する際にとても有利なのか?というと、

    世の中に、英語のネイティブスピーカー(英語が母国語の人達)というのは、実はとても少ないという事、

    まず、日本語を母国語とする人達というのが、約1億人ちょっと

    そして、英語のネイティブスピーカーというのは、世界でおよそ、3億人ちょっとしかいない、

    それに比べて、中国語を母国語とする人は、世界で約9憶人近い、

    英語を勉強している人というのは、日本人やインド人も含め、世界中にはとても多いのですが、

    実際に、英語を母国語としている人というのは、実は、ものすごく少ないんですね。


    ですので、こういったアプリを、勉強目的で使う場合、

    質問をしても、返ってこない事も普通だし、返答が、まず適当、

    それはやっぱり、英語の勉強をしている人が多過ぎるから、手が回らない、

    もしくは、ちゃんと返答があったとしても、英語圏の人達からではなく、

    インド人や、アラビア人などの、ネイティブスピーカーではない人達から、というパターンがほとんど、

    その為、実際に、その文法や言い回しが合っているのか、間違っているのかが、定かではありません。

    それに比べて、中国語のネイティヴスピーカーはクソ多い、

    加えて、日本語を勉強してる中国人というのも、めちゃくちゃ多いので、

    中国語を勉強している日本人にとっても、お互いがお互い、ウィンウィンな関係

    試しに、一つ質問を投げかけると、ワーっと集まってきますからね、

    本当に、みなさん親切な事。

    質問に対する、返答が多いし、早い

    ハロートークを使っている中国人は、意外と多い、

    そして、このアプリを使ってる中国人には、基本的には、暇な人が多い、

    その為、質問に対しての返答が早いし、ネイティブスピーカーも多いので、返答が正確、

    ただ、中国は広いので、その人や、その人の住んでる地域によっては、文法の直し方がバラバラだったりもする、

    ただ、グーグルで検索しても出てこない内容も、ハロートークなら、一瞬で解決する事も多い、

    そのまま友達にもなれる

    中国人というのは、基本的に、フレンドリーなので、すぐに友達になれますし、

    常日頃から、外国人との接触に飢えていて、海外の文化にも興味津々、

    中国では、グーグルやフェイスブック、インスタグラムやラインなどに規制がかかっていて、使う事が出来ませんが、

    ハロートークでしたら、今のところはまだ、問題なく使えていますので、アプリ内で仲良くなった人と、

    中国を旅行をした際に、実際に会う事も、可能ですし、日本に仕事や、留学で来ている人達も、かなり多いです。

    ハロートークは、勉強だけに限らず、友達を作る上でも、とてもいいアプリですね、

    もちろん、お互いの近所で実際に会って、中国語を教えてもらう事も可能です。

    ハロートークみたいなアプリ、似たアプリの紹介

    他にも、ハロートークと似たようなアプリというと、

  • Lang-8(ラングエイト)
  • Hinative(ハイネイティブ)
  • Tandem(タンデム)
  • HelloPal(ハローパル)
  • というものがありますが、はっきりいって、

    どのアプリも、ハロートークにはかないません、

    例えば、Lang-8(ラングエイト)や、Hinative(ハイネイティブ)なんかにも、

    日記投稿機能や、添削機能などもついていますが、

    書いた質問や、日記に関しての返答が遅く、数日経っても、返事が返ってこない事もあります、

    ハロートークには、アプリの機能で、文章を翻訳する機能もついていますので、

    使い勝手が、Lang-8や、Hinativeと比べても、段違い、


    ハロートークと似たアプリで「タンデム」というアプリがあるのですが、

    こちらは、単なるチャットアプリで、本気で勉強をするには不向き、

    文字を打つ練習だったり、覚える為に利用するのならいいかもしれませんが、やっぱり、本気で勉強となると、ハロートーク一択、

    「ハローパル」は、出会い厨と、変態の集まり。

    最後に、まとめ

    今回紹介した、ハロートークの場合、他のアプリと比べても、真面目に勉強してる人の割合も多いし、

    出会い厨とか変態ばっかり集まってるような、クソアプリで時間を潰す位なら、

    ハロートークを、ヤフー知恵袋化させた方が効率がいいし、実際に、話し相手も一瞬で見つかります、

    まぁ、そいつが、真面目に勉強をしているか、出会い目的かどうかは、そいつの日記や、実際にやり取りしてみれば分かるでしょ、と、

    一番いいのは、やっぱり中国語の上手い日本人に、直接教えてもらうのが一番いいけど、そんなのなかなかいる訳はないので、

    ハロートークで、日本語を勉強してる中国人に話を聞くのが一番いい、

    相手も暇な人が多いのか、

    質問があるならいつでも私に聞いてね!といきなりメッセージを送ってくるし、

    しかも、可愛い女の子、

    本当、最高ですね、

    ここら辺も、私が中国人を好きな理由の一つでもあります。

    勉強目的ではなく、単なる、出会い目的という事でしたら、ペアーズや、クロスミーなど、

    真面目な出会いに特化したアプリもありますので、そちらを使った方が確実ですね、

    「ティンダー」は、はっきりいって、純粋な出会いを求めているという事でしたら、おすすめ出来ません、

    こちらはもっと、手軽に遊びたい人向けです。

    それ以外の出会いアプリだと、台湾発の「SweetRing」

    シンガポール発の「Paktol(パクトル)」

    ヨーロッパ人好きは「Happn」

    韓国人と出会いたいという方は「Meeff(ミーフ)」とか

    中国語ではなく、やっぱり英語の勉強をしたいという人は、オンライン英会話のEFイングリッシュライブ。1週間無料体験ありといったサービスもあり。

    やっぱり、実際に会って、真面目に勉強がしたい、国際交流会に参加したい、という事でしたら、「Meetup(ミートアップ)」もおすすめ、

    という事で、また何か、いい情報があったら、ご紹介します。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク