【無職, ニートも生活費が必要】お金を稼ぐ, もらえる方法, 作り方

シェアする

なぜか常に生活に困っている人
どうしよう、今月の生活費が足りない、

働いてないからお金がないけど、仕事を探しても見つからない、

仕事が嫌でやめたいけど、貯金が少なくて、お金がない、

無職で、今のところ貯金はあるけど、ほんの少しでも別収入があると嬉しい

おはよう。

このブログ、当ブログの管理人だ。

今回は、これらの悩みについて、プロニート、プロ無職である、この私がいくつかアドバイスをしましょう、

とりあえず、今すぐにでも、お金が欲しいという無職、ニートへ

常に金が無いと嘆いている人は、まず、生活費を削る

大抵、金がないと言っている人に限って、

無駄な物に金を使って、無駄に働いて消耗しているケースが多い。

自分にとって何が必要で、何が必要ないか?という事すらも分かっていない人間が多過ぎる、

何でも食べて、何でも買っていいのは、お金の使い方を知っている、

もしくは、お金を、沢山持っているという人間だけ、

身も心も、貧乏な人間は、まずは、そういったところから始めないといけない。

無職、ニートで常々金が無いと言っている人は、まず、断捨離をするべき

断言しておこう、あなたの家にある、ほとんどの物はいらないものだ、

身の回りにあるものは、押し入れの中に眠ってあるもの、

どうせ気付けば、もう何年も箱から出していないようなものが、沢山あるはず、

その時、高いお金を出して買ったとか、いずれ使うはずだとか、これは貰ったものだからと、

そういった精神性が、まずあなたをダメにする。

まず、家にある物を売りまくる、そうする事で、心も体も軽くする、

売る場所は、「メルカリ」だろうが、「ヤフオク」だろうが「eBay」だろうが何でもいい、

とりあえずは、一時的な収入にはなるだろう、

「eBay」なんかで、売れば、ひょっとすると、あなたにとっては、いらない物でも、

他人にとっては、お宝へと、化ける可能性もある。

とりあえず、必要のないものは、すぐにでも、全て捨てるべき、

まず、あなたに必要なのは、断捨離をする事から。

ココナラで、自分のスキルを売る

ココナラは、あなたのスキルを売る場所、

自分が出来る事ならなんだっていい、

ハンドメイドのアクセサリー作りだっていいし、イラストを描いたっていい、

エッセイや、コラムなんかの記事を書いたっていいし、

占いや、悩み相談、美容や健康に関するアドバイスだっていいし、

旅行好きは、そういった知識を利用し、相手の為にプランを組んであげてもいい、

翻訳や、語学、作曲や、歌入れ、マスタリングと、とにかく何でもあり、

ここから、仕事が徐々に増えて行くようになって、いずれは独立出来るようになれば、最高。

クラウドソーシング、在宅の副業で、ほんの少しでも金を稼ぐ

クラウドソーシングとは、簡単に言うと、在宅で出来る仕事、

もし、今現在、金に困っている無職や、ニートはぜひ、登録してみるといいかも。

主婦の暇つぶしや、次の仕事が見つかるまでの、繋ぎとして利用してもいいし、

自分のスキルを身につける場所として、利用してもいいし、

きっかけは何だっていい、

旦那の稼ぎが少ないなら、自分で、お小遣い稼ぎをしてもいいでしょう、

有名どころで、おすすめとしては、

  • クラウドワークス
  • Bizseek(ビズシーク)
  • サグーワークス
  • もし、イラストを描くのが得意だというのならSKIMA辺りを使ってみてもいいかも、

    女性なんかは、チャットレディなんかをしつつ稼げるというところが、実に、羨ましい限り。

  • ニューステージグループ
  • ガールズチャット
  • チャットピア
  • ハローワークに行って、失業保険を貰う手続きをする

    失業保険というのは、仕事をしながらある程度の期間、雇用保険を払っていれば、

    いざ、仕事を辞めたその後、3ヶ月~6ヶ月の間は、毎月お金を貰えるという制度、

    これは、日本国民だったら、誰でも貰える制度、

    もし、あなたが仕事を辞めて、まだそこまで時間が経っていないとするのなら、失業保険がもらえる可能性がある、

    意外と、こういった制度の事を知らなかったり、知っていても、面倒くさがってたりして、手続きをしない人も多い、

    まぁ、大体、そういった人というのは、常に、ブラック企業で働くような人が多い、

    まずは、ここ1,2年働いていた事があるのなら、まずは、ハローワークに、

    失業保険を貰える資格があるか、確認してみる、

    つい最近まで働いていた、月給分の7割程は、少なくとも3ヶ月間はもらえる、

    こういった制度を、利用しない手はない、

    失業保険を貰いながら、その間に、勉強をしてみたり、何かしら、

    自分のスキルになるようなものを身につけてみたりと、

    そういった有意義な事に、自分の時間を費やしてみるというのも、一つの手。

    無職、ニート期間中に、職業訓練校に通い、お金を貰いつつ、スキルを身につける

    同じハローワーク関連でいうと、地元の職業訓練校に通うという手もある、

    これは、数ヶ月の間から、長くて半年の間、国からお金を貰いながら、自分の勉強したい事を学べるという制度、

    授業内容は様々で、事務や、デザイン、プログラミングなどの、コンピュータ系や、

    塗装や、CADリフォーム施工などの、現場で役立つ資格を取る事を目的にしたものや、

    日本語教師になる為の、資格を貰える語学系、

    ファッション、介護、海外貿易や、調理など、様々な事を学ぶ事が出来、

    これは、若い人達だけに限らず、高年齢者向けの授業科目も沢山、

    毎月、お金を貰いながら、自分のスキルを磨く為に、時間を使う事が出来、なんと贅沢なものだろうか、

    ここで、お金を貰いながら、しっかりと学び、きちんとした仕事につけるよう頑張るといいでしょう。

    もはや、働きたくない、労働をせずに生活をしていきたいというパターン

    実家で、親と一緒に住む

    家賃も、食費もかからない = 最悪、死ぬ事は無い。

    ずっと、親と一緒に過ごす事も出来るし、何だったら、食費だけは自分で出して、あとは、

    タダで住ませてもらいながら、毎日、自分のしたい事でもしながら、のんびりと暮らす事が出来る最強の方法。

    無駄に、仕事をして消耗する必要も無いし、周りがあくせく働いている間に、

    自分は、勉強するなりなんなりと、自分にとって必要な、いろいろなスキルを身につける事にも、専念出来る、

    無職期間というのは、自分のしたい事を好きなだけ出来る、周りと差をつけ、出し抜くチャンス、

    もしも、やりたい事がないようなら、「やりたいことリスト100」でも書いて、1個1個、潰していくといい。

    家族と、一緒に過ごすというのは、とても素晴らしい事だ、

    親も、ずっと生きている訳ではないからな、

    今のうちに、親と仲良く過ごす時間を、沢山取っておいてもいいと、個人的には思う、とても大切な事だ。

    親に負担をかけたくないというのなら、自分の食事位、自分で用意すればいいし、

    買い物だって、代わりに行ってあげればいい、ただ、それだけの事。

    今のうちに、親孝行はしておいた方がいい。

    とりあえず、次の仕事が見つかるまで、貯金で暮らす

    とりあえず、今ある貯金が無くなるまでは、何でもあり、

    自由な時間を、自分の勉強に費やす事に利用してもいいし、

    長期で、旅行に行ったり、海外留学に行ったりと、とにかく自由。

    ただ、貯金が少ない人は、毎月、口座から、お金が減っていく事に、気が気じゃなくなって、

    結局、引きこもっている間、何も楽しめない、

    そして、貯金が尽きる頃に、また次も、似たような仕事を探して、

    結局、また振り出しに戻り、といった生活の繰り返し、という可能性もある、

    その間に、先程の職業訓練校に通い、お金を貰いながら、自分のスキルを身につけつつ、

    次の仕事に活かすという手も、十分にあり。

    仕事もないし、当面の生活費もないという人間は、生活保護の申請を

    私の周りにも、何人か、生活保護を貰いながら、生活をしている人達がいるが、本当に最強、最高極まりない、

    何もしなくでも、毎月生活費が入ってくるし、毎日、訳の分からない上司に、

    ベコンベコンと、まるで犬っころのように頭を下げまくる必要もなく、

    好きな時間に寝て、好きな時間に起きて、自分のしたい事を、思う存分出来てしまう、

    きちんと、自己管理が出来ている者からすると、

    本当に、こんなに素晴らしい制度は無いという位に、素晴らしい、

    何だかんだで、日本の社会保障って、今のところは、まだ、しっかりとしてる、

    こんな制度が無い国なんかは、世界中を探せばいくらでもある、

    その時点で、日本人は、まだ恵まれてます。

    最後に、まとめ

    という感じで、今回は、困った無職や、ニートの連中に、とりあえずの生活費を調達する方法を紹介した。

    何度でも言うが、普段から金がないと言ってる人は、無駄なものに金を使い過ぎ、

    そして、それを自分で自覚していないパターン、

    そのせいで、自分の生活費が足りなくなり、その分また、無駄に働かなくてはいけなくなり、

    しまいには、心に余裕がなくなり、消耗していく、勝手に自滅していく、といったパターン。

    どうしても金がなく、困っているというのなら、やはり、ある程度は、

    短期間だけでも、時給のいい仕事を探して、節約をしながら、貯金をする方法を学ぶべきで、

    あとは、物価の安い国に、一時的に住むというのもあり、

    先程も言ったように、クラウドワークスで、月に5万円分位働けば、

    国によっては、生きていける、残った時間は、全て自分で自由に使える、

    寝るのも良し、ゲームをするのも、読書をするのも良し、発展途上国の、男性や、女性と遊びまくるも良し。

    あとは、もし日本に住むのが嫌で、ここに住んでいると「うつ」になる、というパターンの人間は、

    ワーキングホリデーなんかを利用して、海外に行ってみるというのもいい、

    あなたが、仕事をしたくない理由というのは、単に、あなたが社会不適合者という訳ではなく、

    日本という社会が合わないだけの「日本社会不適合者」という可能性もある、

    私は、そういった人間を、海外で沢山見てきた、

    日本の薄暗い奴隷社会という、ストレス地獄から解放され、

    訳の分からないプレッシャーや、残業が無い環境で、のんびりと働く日本人達を沢山見てきた、

    多少の英語が分かるようなら、フィリピンで学生マネージャーをやるという手もある、

    とにかく、方法は、様々だ、健闘を祈る。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク