【夜眠れないという人向け】体内時計をリセットして整える, 戻す方法

シェアする

こんにちは。みあ(@malg_tw)と申します。

本日は、

睡眠の質が悪い人
寝ても寝ても眠い、疲れが取れない、
寝すぎて、毎日体がだるいし、頭が痛い、
毎日、ついつい、夜更かしをしてしまう、
早く起きたいのに、ついつい寝すぎてしまう、

こういった悩みについて、

一度狂った、体内時計をリセットする方法という事と、

睡眠の質が悪いと、いろいろな病気にかかりやすくなるよ、という事で、

改善方法などを、自分の経験も含めて、ご紹介。

【無職、ニート必見】夜眠れないという方へ、体内時計をリセットして整える, 戻す方法

寝れない理由というのは、人それぞれあるのですが、

今回は、単純に、体内時計の乱れからくる人向けの記事です。

ですので、普段、あまりにストレスが溜まり過ぎていたり、仕事に追われて、毎日残業ばかりという方向けではありませんし、

そういった方々は、さっさと仕事をやめるなり、上司に相談するなりと、何か別の方法を取る事を、おすすめします。

重度のうつ病の方は、ケトン体ダイエットでもするか、筋トレでもするか、信頼のおける病院に行ってみてはいかがでしょう?

という事で、今回は、睡眠の質は悪いし、体内時計もめちゃくちゃで、毎日、夜更かしし過ぎ、という方に、

これらを改善する為に言える事としては、まず、単純に、朝早く起きて、夜早く寝る、

ただ、これだけの事。

ただね、みなさん、そんな事、もうとっくの昔に分かっているはずなんです、

しかし、ただ、これだけの事が、ものすごく難しい、

分かります、

以前は、私もそうでしたから、

ただ、私は、睡眠の重要性に気付いて以降、朝の5~6時には起きるようにしていますし、

ここ最近は、近所の図書館が8時から開くので、遅くても、朝の7時までには起きるようにしています。

という事で、今回は、そういった、質のいい睡眠のサポートをする方法と、

きちんと睡眠を取ってないと、いずれ、とんでもない事になるかもよ?

という事を、いくつか紹介します。

【夜眠れない、体内時計をリセットして整える, 戻す方法として、運動と、メラトニン

体内時計を戻し、睡眠の質を整えるという事に関しては、とにかくまずは、早く寝る事が重要で、

これさえ出来れば、あとは勝負に勝ったようなものです、

その手助けをするのが、運動と、メラトニンというサプリメントなのですが、

ちなみに、僕が飲んでいるサプリメントがこれ、

メラトニンというのは、睡眠促進を促す成分でして、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

このメラトニンは、体内でも自然につくられているものなのですが、

体内時計が狂っていたり、毎日体がだるい、疲れている、疲れが取れないといった方は、単に、

寝不足、睡眠の質が最悪で、就寝する為の、ホルモン分泌機能が、妨げられてる事が考えられます。

メラトニンは、太陽の光が目に入ってから、およそ、15時間程経たないと分泌されない、という性質がありまして、

ですので、きちんと、決まった時間に寝たり、起きたりしていない人というのは、

このメラトニンが、体内で十分に作られていない可能性があるんですね、

実際に、私は、このメラトニンを、毎晩寝る前に飲んでいるのですが、とても効果があります。

睡眠の質の改善以外にも、メラトニンの効果としては、

体内の炎症を抑える効果もあるとして、様々な病気になるのを防ぐ効果もあり、とても効果的。

実際に、睡眠の質が悪いと、うつや、心臓病、がんになりやすくなると言われています。

睡眠の質を改善するメリットは、健康面以外にも、盛りだくさん

朝早く起きると、一日が長く感じるといった経験は、誰しもがあると思います。

逆に、夜遅くに起きると、早起きしている時と、

同じ長さの時間を過ごしているのにも関わらず、時間が過ぎるのが、本当に早いです、

実際に、睡眠の質を改善する事によって、一日の時間が、ものすごく増えますし、

これは、脳の体感によるもので、朝早く起きた日は、

これだけ作業をしているのに、まだこれだけしか時間が経ってないの?という事ばかり、

逆に、寝てないと、これだけしか作業してないのに、いつの間にか、こんなに時間が過ぎちゃってる、

今日、何も出来てないじゃん、寝るのがもったいない!、という事になりがち、

実際に、科学的にも、早起きは生産性を上げるという風にも、出ています。

他にも、睡眠の質を改善するメリットとしては、寝ている間に、成長ホルモンが、バンバンに出るので、

筋トレをしている人なんかは、睡眠の質を改善し、早めに寝た方が、精神的にも、筋肉の為にも、いい事ばかりです。

睡眠不足のデメリットはとても大きい。睡眠の質が悪いと、いろいろな病気にもなりがち

睡眠の質を改善する為には、デメリットに目を向ける事も大事、

デメリットを知る事で、これが改善の第一歩になるのではないかという事で、

睡眠の質が悪い人は、とにかく太りがちで、

睡眠の質が悪いと、食欲も、通常の人と比べても上がりがちで、実際に、太っている人も多い、

他には、睡眠不足は、心臓病や、がんのリスクを上げ

精神的にも、とても悪く、うつや、不安感、不幸感が、かなり増すとの事、

ほんのちょっとした事にでも、イライラしやすくなったりと、本当に、悪い事ずくめ、

睡眠の質が悪いと、体の免疫力も下がりますし、お肌にも悪く、アンチエイジング的にも最悪。

逆に、寝過ぎるのも、体に悪いという報告も出ています、

睡眠というのは、単に、今現在の生活に関わるだけでなく、将来の私達の体にとっても、とても重要な要素なんですね、

ついつい、夜更かしをしてしまう原因

つい、夜更かしをしてしまう原因として、

例えば、休みの日でも、昼過ぎまで寝ていて、起きて、気付けば、

いつの間にかもう、夜になっていて、結局、今日一日、何もしていない、

だから、寝るのがもったいない、

もしくは、遅くまで寝ていたから寝れない、というパターン、

他には、こういったパターンもあります、

朝から晩まで、つまらない仕事や、やりたくもない、意味のない事を、

毎日、させられていて、帰りも遅くなり、夜しか、自分の時間がない、

この場合、起きてる間の時間が、全く充実していない、

自分の貴重な時間が、少なく感じるから、寝たくないというパターンですね、

実は、こういった場合というのは、朝、もしくは、昼間に、

自分の好きな事や、やりたい事に向かって、頑張る事が出来ていれば、

夜、寝るのがもったいないとは思わず、今日もよく頑張った!と気持ちよく寝れます。

要するに、自分の人生に対する、充実感が足りてないんです。

毎日が、充実していない、

自分の夢や、やりたい事に向かって、何も出来ていない、

そういった人というのは、やはり、ストレスも溜めがちで、睡眠の質も悪くなりがち、

ですので、もし何かやりたい事があるという方は、ぜひ、試しに、

朝、早起きをして、自分の為に時間を使ってみる事をおすすめします。

そうする事によって、一日の疲れ方が変わってきますし、夜もきちんと寝れるようになり、

休みの日も、ずっと自分を癒すために、昼過ぎまで寝て、また疲れてといった悪循環が無くなり、

精神的にも、とても軽くなり、活力が湧いてきます。

実際に、睡眠の質が悪いと、うつにもなりやすくなりますし、もしそうなってからでは、

自分の趣味や、やりたい事に、向かえなくなってしまいますし、

睡眠が原因で、今後、大きな病気になるという事を考えたら、嫌でも早起きしようと思うのではないでしょうか?

最後に、まとめ

という事で、今回は、体内時計の改善方法や、睡眠不足のメリット、デメリットについて話してきましたが、

早寝早起きをする事によって、一日の体感時間が長くなり、実際に、生産性が上がるという事以外にも、

睡眠の質が悪いと、心臓病や、がん、うつなどになりやすくなるといった、とても怖いデメリットがあるという事、

ただ、世の大半の人は、どうせ、朝早く起きても何もする事なんか無いし、という事で、二度寝をしてしまう方が、ほとんどだと思います。

二度寝は最悪ですよ、

寝過ぎは体に悪いですし、体内時計も見出しがち、

ものすごく疲れますし、一日中、頭がボーっとして、時間もいつの間にか、早く過ぎてしまいます。

別に、早寝早起きをする理由がない人は、無理して、早起きをしなくてもいいんです、

人間というのは、遺伝子的に、朝型か夜型か、というのが、決まっているようですし、

そういった方は、夜に活動した方が、物事がスムーズに進むとの事、

ただ、単純に、夜寝れなくて悩んでいるという人は、それぞれに、理由があるはずなんです、

私の場合は、睡眠の質が悪過ぎて、毎日疲れている、

一日が過ぎるのが早くて、時間は十分にあるはずなのに、気付いたら、一日中、何も出来ていない、

人生の無駄遣い、

そう感じていました、

私自身も完全に夜型で、体内時計も、毎度毎度狂いまくり、

朝と夜が、逆転する事なんかは、当たり前、

ですので、早寝早起きを始めるにあたって、夜早く寝る方法なんかを、今回はシェアしたいと思った次第です。

筋トレも、人生を変えてくれますが、

早寝早起きも、人生を変えてくれます。

ですので、まずは、一度、自分で試してみて、早起きをするメリットに、自分が気付く事ですね、

とりあえずは、まず試しに、毎朝5時に起きてみてはいかがでしょうか?

個人的に、睡眠の質の改善には、寝てる間に、音楽やラジオを聞かないというものがあります、

私は、寝ながら、中国語を聞くのをやめた途端、睡眠の質が、随分と改善されました、

これで、夜中に起こされる心配もありません

あとは、カーテンを開けて寝る事、

それでは、みなさん、良い睡眠ライフを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク