【副業アイデア一覧】ノマドワーカーのお仕事 職業をまとめてみた

シェアする

こんにちは。みあ(@malg_tw)と申します。

今回は、副業について、という事で、その中でも、場所や、時間に縛られずに出来る、お仕事のアイデアをまとめてみました。

副業?新しい働き方?ノマドワークとは?

ノマドワークとは、パソコンとインターネット回線さえあれば、自宅だろうが、外出先だろうが、

働く場所を選ばず、好きな場所で、いつでも好きな時間に働けるという働き方で、

ノマドワークをする事が出来れば、毎日、満員の通勤電車に乗って会社に行く必要も無くなるし、

自宅で、家族と過ごす時間も、大幅に増える、

そして、嫌な上司と働かないで済むし、好きな時間に起きて、好きな時間に寝れる、

外国を旅行しながら、好きな場所に住みながら、仕事が出来る、という、

聞いていると、とても夢のようなお仕事ですね。

【副業アイデア一覧】ノマドワーカーのお仕事 職業をまとめてみた

デザイナー

一言で、デザイナーといっても、いろいろと幅広くありまして、

インテリアデザイナーや、グラフィックデザイナー、Webデザイナーなど、

そこら辺の個人商店や、会社のチラシや、パンフレットを作ってもいいですし、

法人や、個人のWebサイト、フライヤーや、ロゴなど、仕事の幅は、本当に数多くあります。

これらのお仕事は、会社に属するというやり方以外にも、自分で独立して、個人でやる事も可能ですので、

そういったスキルをお持ちの方は、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

イラストレーター

絵を書く事が得意な方は、ぜひ、おすすめの職業、副業だと思います。

得に、似顔絵を描く事が、得意な方なんかに関しては、国内限らず、

世界中の人達の似顔絵を描いて、相手に渡してあげれば、とても喜ばれる事、間違い無しです。

中国なんかでは、そういった似顔絵を描く人達の前に、路上で列をなして並んでいる事も少なくなく、とても、需要があります。

絵の得意な方は、イラストを描いたり以外にも、LINEスタンプなんかも売る事が出来ますね、

もし、私が絵を描く事が得意で、かつユニークなものを描く事が出来るなら、間違いなくやっている職業の一つです。

ブロガー、アフィリエイター

ブロガーにも、本当に、様々なブロガーが存在しますが、

その中でも、文字を中心に情報を伝えるブロガーの他にも、

映像を中心に情報を伝える、ビデオブロガーというジャンルも存在していて、

海外だと、通常のブロガーは「Blogger」、

そして、ビデオブロガーの事を「Vlogger」と書きます。

文字を書いたり、動画を撮ったりといった事が好きな方には、ぜひ、おすすめの職業です。

何しろ、無料で始める事が出来ますからね。

ここ最近は、ドローンや、360°カメラなんかもありますので、楽しく、ユニークな動画を撮る事も可能です。

そして、アフィリエイターとは、自分のブログやウェブサイト、SNSやメールマガジンを運用し、

そこに広告を貼り付けて、そこから収入を得るといったものになりますね。

副業としても、とても人気のあるものの、一つとなります。

写真家、フォトグラファー、カメラマン

海外に出ると、意外に、カメラでノマド生活をしている人を多く見かけます。

カメラマンといっても、とても幅広いものになるのですが、

例えば、旅行カメラマンや、ブライダルカメラマン、グラビアから報道から、とにかく幅広いジャンルがありますので、

もし、一つのジャンルにこだわる必要がなければ、とても幅広く活動出来る分野になります、

ここでもし、私は、雑誌しか撮らない、モデルや作品しか撮らない、という風に決めてしまうと、

仕事の幅は、一気に狭まってしまいますけどね。

旅行先や、自分が撮った食べ物なんかの写真や、動画なんかを、販売するようなサイトもありますので、

興味があれば一度、探してみてはいかがでしょう?

もし、あなたが、観光客が沢山いるエリアに住んでいる場合、

そこで、いろいろな観光客の写真なんかを、撮ってあげてもいいのではないでしょうか?

プログラマー、Web開発者、アプリ開発

プログラマーのお仕事というものは、本当に幅広くて、企業のシステムや、ウェブサイトを作るといった仕事から、

iPhoneなどの、スマートフォンのアプリなどを開発する仕事など、本当に沢山あり、

今現在もなお、需要が増え続けている職業です、

今後、プログラミング業界は、今よりも更に、人手不足に陥るといわれています。

とても需要が多い仕事なので、一度、プログラミングを学べば、仕事に困る事も少なく、

自宅や、海外などでも、仕事を得やすい職業になります。

ですので、ある程度のプログラミングが出来るという方は、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

もしも、プログラミングが全く分からないという方は、プログラミングスクールなどもありますので、

ぜひ、一度、無料体験を受けてみる事をおすすめします。

翻訳業

もし、あなたが、外国語に堪能という事でしたら、翻訳家というお仕事も出来ます。

こちらに関しては、わざわざ会社に出向く必要はなく、自宅でも作業が出来ますので、

会社努めに疲れた方にとっても、おすすめです。

日本語教師、外国語教師、チューター、オンライン教師

もし、あなたが、外国の方に、日本語や、日本の文化を教える事が大好きという事でしたら、こちらの職業は、まさに天職でしょう、

日本語以外でも、もし、あなたが外国語に堪能という事でしたら、日本人を相手に、そういった語学を教える事だって可能です。

日本語や、外国語以外にも、自分にもし、他に何か、

人に教える事の出来るスキルがあるのなら、そういったサービスを提供する事も可能ですね。

もちろん、オンラインでも、そういったスキルを提供する事も可能ですし、

先程紹介した、外国語の先生という事に関しても、オンラインでの授業が、割と一般的です。

トランスクライバー

簡単にいうと、トランスクライバーとは、文字起こしの仕事でして、

録音された音声の内容を、そのまま原稿にしていくという仕事、

特に、医療現場での重要が高く、海外では、割と、一般的な職業で、

日本国内での求人も、少しずつ増えてきている様子です。

旅行ガイド(ツアーガイド)、旅行エージェント、代理店

もしも、あなたが旅行慣れしている、という事でしたら、

旅行のエージェント、旅行代理店を、個人でやってみてもいいかもしれませんね。

東京だと、個人で、もしくは夫婦で、こういった仕事をやっている方も結構いらっしゃいまして、毎日、とても、外国人で賑わっています。

自分でツアーを組んで、観光地を案内してあげたり、ついでに写真を撮ってあげてもいいでしょう。

とてもいいサービスです。

Airbnb(エアビーアンドビー)

もし、あなたが、使わない余分な部屋や、誰も使っていない建物、物件などを持っている場合、

その部屋を、旅行者の為に、貸し出して、収入を得る事も可能です。

家のルールや、料金なども自分で決める事が出来ますので、
そういった部屋や、建物を持っているという方々は、とてもラッキーですね。

ユーチューバー(YouTuber)

こちらに関しては、もはや説明は不要ですね。

Patreon(パトレオン、ペイトリオン)

こちらは、位置づけとしては、アーティスト用のクラウドファンディングに、割と近いサービスでして、

インスタグラム界隈だと、セクシーな女性が、私のPatreonに来れば、1ドルで、この続きを見せてあげるし、

あなたの為に、好きなポーズもしてあげる、といったような使い方もされてます。

コスプレイヤーなんかには、割と、相性の良いサービスなのではないでしょうか?

ライブチャット

こちらは、動画配信サイトで稼ぐという方法なのですが、

日本でも、意外とやっている人は、割といるのでは?と考えています。

そこで撮った動画を、これまた別サイトで販売するといった方法もいいでしょう。

作曲家、ミュージシャン

ここ最近だと、自分で作った音楽を販売するサイトなんかもいくつかありまして、

例えば、Spotify(スポティファイ)なんかでも、自分の作った音楽を、ダウンロード販売する事が可能です。

私自身も、こちらのサイトには、登録していますので、とても、おすすめのものになります。

動画配信サイトや、他のいろいろな媒体に、自分の作品を提供するといった方法もあり、

いろいろと、環境も変わってきているようにも感じます。

ポッドキャスティング

ポッドキャスト(Podcast)は、インターネットラジオのようなものでして、

海外だと、このポッドキャストを使って、収入を得ているという人もいるようです。

ポッドキャストを宣伝、集客に使ったりと、他にもいろいろと使い道もあり、良いサービスです。

在宅でのデータ入力

パソコンのタイピングがとても得意な方、パソコンの前で、黙々と作業をするのが好きな方にとって、

在宅でのデータ入力というのは、副業として、もしくは、メインの仕事としても、とても良い選択肢になるのではないでしょうか?

毎朝、わざわざ会社にまで出勤する必要も無くなりますし、

その通勤時間が空いた分を、仕事に費やす事も出来ますからね。

カスタマーサポート、オンラインテクニカルサポート

在宅での、コールセンターや、メールなどでのカスタマーサポートも、ここ最近では、少しずつ増えてきてはいるみたいですね、

打合せ、ミーティングなども、Skype(スカイプ)での参加も可能のようでして、

日本の職場環境も、ほんの少しずつですが、変わってきているようです。

電子書籍を販売する

もし、あなたが、本や、物語を書くのが大好きという方であれば、

電子書籍を、販売するという方法もあります。

電子書籍を販売させてくれる会社も、探せばいくつかありますので、

もし、興味のある方は、ぜひ、一度探してみてはいかがでしょうか?

ライター

単に、一言、ライターとはいっても、やはりこちらにも、いろいろなジャンルがあります、

例えば、コピーライターといった、商品の魅力を伝える文章を書くお仕事だったり、

グルメライターといった、自分や、お店の人が食べたものの魅力を伝えるといったもの、

旅行ライターや、ゴーストライター、他にも、WEBライターといったように、WEB上に記載する記事を取り扱ったもの、

ゲームなどのシナリオなどを作るような、シナリオライターと、本当に数多くあります、

探せば探す程、いろいろなものが出てきますので、文章を書く事が好きな方は、ぜひ、探してみて下さい。

エディター(編集者)

こちらも、ジャンル的には、とても幅広いものになりますね、

一言で、エディターと言っても、雑誌や写真、動画などの編集、他にも、YouTubeなどに字幕を付けたりと、本当に様々です。

コンサルタント

副業でのコンサルタントというと、どちらかというと、アドバイザー的な役割にはなる事も多いのですが、

例えば、自分が、今までにしてきた経験や、そこで得た知識などを活かして、

相手、お客さん(クライアント)の為に、商品、新サービス開発、アイデア提供などをしてあげたりと、

こちらも、割と、幅広い職業になります。

美容師、スタイリスト

こちらは、わざわざ職場まで出向いて働くというパターンではなく、

お客さんが指定した場所まで、こちらから出向いて行くというパターン、

どうしても、雇われている立場だと、給料面での不満もありがちな美容業界、

残業も多く、給料も少なく、業務もとてもハードで、辞めていく人も割と多く、

その後、全く別の職種についているという方も、私の周りだけでも、とても多いです。

あれだけのスキルがありながら、とても勿体ない話ですよね、

今後は、こういったサービスだったり、もっと、いろいろと変わっていけば、社会も、より良い方向に向かっていく事でしょう。

転売、せどり

こちらも、副業としては、とても、一般的なものになりますね、

転売屋、せどりとは、例えば、近所の家電量販店や、リサイクルショップなんかで、安売りをしている商品を仕入れ、

それを、別のサイトで、自分が仕入れた値段よりも高く販売するといった方法、

これらの商品は、アマゾンや、メルカリ、eBay、オークションなど、もしくは、自分のお店を持って、販売する事も可能です。

日本の古き良き物を、海外にて出品し、大成功を収めている会社も沢山あります。

商品開発、販売、イーコマース、ハンドメイド

ハンドメイドといえば、アクセサリーなんかが、一般的で、

海外だと、高校生が、自分でアクセサリーを作って販売し、億万長者になっている方もいます。

アクセサリーの他にも、キャンドルや、小物、インテリアなど、とにかく自分で作れるものなら何でも、

海外には、そういった、個人がハンドメイド製品を、販売出来るようなサイトもありますし、

日本でも、Base(ベイス)なんかのサービスを使えば、今すぐにでも、自分のお店を持つ事が可能です。

自分でTシャツなど、何かしら商品を作って、そこで販売する事も可能です。

もしも、梱包や、配送が面倒だという事でしたら、AmazonのFBAサービスを利用するという方法もあるでしょう。

海外輸入、海外輸出

もし、あなたが外国語に堪能、そして、海外に知り合いが多いという事でしたら、

海外の商品を日本で販売する、もしくは、日本の商品を海外に売るといった方法もあります。

もしくは、もし、あなたが旅行好きという事でしたら、自分で商品を買い付けに行くという方法も良いでしょう。

まとめ、最後に

今回紹介したお仕事以外にも、例えば、会計士や、不動産投資、家賃収入、

ソーシャルメディアマーケティングなど、副業のアイデアというのは、本当に様々です。

ノマド生活をするにあたって、重要な事というのは、副業などで、収入減を増やす事も重要ですが、

普段の生活費を下げるところから始めてみると、より、独立までのハードルが下がります。

一度、収入のベースさえ確保出来れば、あとは、住む場所や、職場に縛られる事無く、もっと自由に暮らす事が可能ですね、

ぜひ、自分が出来るところから、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

ここ最近では、クラウドソーシングのサービスなども、充実してますからね。

いろいろと、目を通して、自分に合ったものを探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク