【初めての中国】旅行の準備に入れておくと便利なアプリや注意点など

シェアする

こんにちは。根岸と申します。

言葉が分からない、言ってる事、が全く伝わらない国を旅行するというのは、本当に大変、

今回は、中国語が全く話せないという初心者の方でも、簡単に、

そして、快適に中国旅行が出来るようになる、便利な方法をいくつかご紹介。

中国旅行がなぜ、他の外国と比べても大変だと言われるのか?

中国旅行は正直、旅行の初心者向けではないと、個人的には考えています、

中国語が出来る人からすれば、中国旅行はとても簡単かとは思いますが、

中国語はおろか、英語しか話せない人からすると、旅行をするのがもう大変。

中国を旅行するのが大変な理由というのは、いくつかあるのですが、

まず、

言葉が通じない。中国人は英語が話せない。日本人も中国語が分からない

まず、中国では、英語を使える人がとても少なく、旅行中に、言葉のやり取りがままならず、困ってしまう事が多々あると思います。

例えば、駅でバスや電車のチケットを買う時や、レストランで注文をする時など、

日本語が分かる人なんかは、もちろん、ほぼいませんし、

しかも中国人は、こちらが中国語が理解出来ないとしても、何も気にせずに、延々と中国語で話しかけてきます、

そこら辺も、外国人が中国人に対して「疲れる…。」と感じる部分の一つでもあるでしょう。

僕の友達の、中国在住の外国人達も、口を揃えてみんなそのように言います。

そして、毎度最後に「中国の女の子は可愛いけどね~」と。

中国では、グーグル、ライン、フェイスブック、インスタグラム(Google, LINE, Facebook, Instagram)などが使えない

中国では、一部のインターネットのウェブサイトや、アプリの使用が禁止されていて、

その中でも主なものは、グーグル、ライン、フェイスブック、インスタグラム、

(Google, LINE, Facebook, Instagram)などのアプリが使えません。

ですので、インターネットで調べ事をする時なんかにも、非常に困りますし、

日本や、海外にいる友人達と、連絡を取るという事も出来なくなります。

ですので、もし、中国でそういったアプリを使いたいといった場合には、

「VPN」という仕組みを使う必要があるのですが、

そういったものを使うのと、使わないのとでは、

中国旅行の快適さが、段違いに変わってきます。

VPNの使い方や設定方法に関しては、またあとで説明。

町中どこを見渡しても、看板に書かれている文字も、全てが漢字だらけで、何と書いてあるか全く意味が分からない

街中、どこを見渡しても漢字だらけな為、レストランを探すのも一苦労、

そして、目的地に辿りつけない事もしばしば、

駅についても、一体どこが切符を買う窓口なのかも分からない、

しかも、中国人に道を訪ねても、平気で嘘を教えてくる、

日本語の漢字と、中国語の漢字の意味が全く違っている場合も多い、

日本の常識とはまるで違う中国と、中国人

世界中を旅行してきた中でも、中国は本当に段違いだと毎度思います、

もちろん、人による部分もあるのですが、基本的に、

中国人の常識というのは、本当に目茶苦茶だし、

まず、基本的に、相手に合わせようとはしないし、

相手の都合なんかは、何一つとして考えない、

自分達の常識をベースに物事を進めてこようとする、

そこら辺が疲れるという理由の一つでもありますね、

例えば、こちらがホステルなんかで、疲れて寝ているのにも関わらず、

こちらが外国人という理由だけで、無理に起こして、ガンガンに話しかけようとしてくるし、

とりあえず、相手の暇潰しにガンガンに利用されます、

日本人以外でも、他の外国人でさえも中国人と接するのは疲れるという程、

外国人は、中国人にとってのいいおもちゃです、

しかし、そこら辺を彼らは屁とも思っていません、

中国人の場合、インターネットや特定のアプリなんかも、

中国政府からかなりの制限をくらっている為、基本的には自国の常識しか知りません、

普段の生活の中で、外国人と接する機会があまりにも少な過ぎるし、

いろんな情報元が、訳の分からないウェブサイトだったりもするので、

本当に頭の悪いやつも多いし、物知らずも常識知らずもとても多い、

しかも、中国人はビザの問題等もあって気軽に海外に旅行に行ったりは出来ないですからね、

もちろん優しくて素敵な中国人も沢山いるんです、

ただ、人が多い分、その分どうしようもない奴も多い、

そこら辺が外国人からしても、とてもストレスに感じるというのはよく分かります、

しかも、人によってはこっちが中国語を話せない事なんかは全くお構い無し、

ですので、言葉が通じる分インドの方がまだましかもというレベルですね、

とりあえずは、常識が違い過ぎるし中国も中国人も本当に目茶苦茶、

ただ、そこら辺がこれまた楽しいと思えるような、私みたいな人間もたまにはいるはずです。

今までとは違う環境に身を置いていろいろな価値観に触れる事も、これまた旅行の楽しみの一つでもありますね、

その点、中国は本当にめちゃくちゃで楽しいです。

自分の国の価値観をベースに、海外をウロウロする事程バカらしい事もないですからね、

そういう人というのはどの国に行っても疲れてしまうと思います。

海外に行って、自国のマナーを相手の国の人たちに押し付けたりと、そういった外国人の方も多くみかけます、

中国を旅行する前の準備

それでは、中国を簡単に旅行出来るように、まず始めにやっておく事としては、

中国旅行をする際に、まずは必要なアプリをダウンロード

散々、中国旅行は大変だぞという話をしてきたのですが、

今回紹介する方法を試すだけで、中国旅行が本当に簡単で楽になります。

その中でもまずは、携帯に入れておくととても便利なアプリを紹介。

WeChat・ウィーチャット(微信・ウェイシン)

WeChat(微信)とは、中国版の「LINE(ライン)」のようなものでして、

中国では、ラインやフェイスブック、インスタグラムの使用が出来ない為、

中国人はこのWeChat(微信)を使って、みなさんメッセージのやり取りをしています。

中国人の方々は、買い物の支払いなんかも全てこの「WeChat(微信)」を使っています。

中国を旅行する際には、持っておいても損はないアプリですので、

ぜひ、ダウンロードをしておく事をおすすめします。

百度地図

中国では、グーグルのサービスの全てが使えません、ですので、

グーグルの地図も使えませんし、もしどうにか頑張って使ったとしても、

全く正確ではなく「百度地図」と比べると、精度がとても低いです。

百度地図を使えば、かなり正確に目的地の検索や、手順、目的地までかかる料金なども、

かなり細かく見る事が出来ますので、中国を旅行する際には必ず入れておくべきアプリの一つになるでしょう。

中国でホテル探しをする時は、アゴダ(Agoda)とホステルワールド(Hostelworld)が便利

中国で、ホテルやホステル、ゲストハウスなどの安宿探しをする際には、

「アゴダ(Agoda)」「ホステルワールド(Hostelworld)」のアプリを、携帯にダウンロードしておくととても便利。

特に、アジア圏だと「アゴダ(Agoda)」を使った方が、登録されている宿泊先の数も多いです。

ヨーロッパや、南米などのアジア以外の国だと「ホステルワールド(Hostelworld)」の方が宿の数も多く、便利に使えますし、

中国も、ホステルワールドのアプリである程度の宿泊先は探せます。

中国旅行でバスや電車、飛行機のチケットを探す時は、Ctrip(携程旅行)が便利

Ctrip(携程旅行)は、中国人も使っているアプリで、

電車のチケットの空席や行き先、時間なんかを見るのにとても便利、

このアプリが無いと毎度毎度、駅の窓口まで足を運ばなくてはいけなくなりますし、

このアプリがあれば、チケットの残り数も確認する事が出来ますのでおすすめです。

このアプリは、バスや、電車のチケットだけじゃなく、ホテルなんかも探せます。

もしも中国でホテルが見つからない場合「艺龙旅行」アプリ

中国でホテル探しをする時には、上記で紹介した「アゴダ」「Ctrip(携程旅行)」を使っても、問題なく探せるとは思うのですが、

こちらの「艺龙旅行」に関しては、中国人が泊まるホテルを探す事が出来ますので、

もっと安くて、登録されている数も段違いに多いです。

もしアゴダや、Ctrip(携程旅行)でホテルが見つからなかった時なんかに、こちらのアプリを使うといいでしょう。

言葉の分からない中国では、精度の高い「有道翻訳官」アプリが便利

「有道翻訳官」は、日本語と中国語の翻訳アプリでして、意外と精度が高く、

これがあれば、お互いに日本語や中国語が分からなくても中国人の方と意思の疎通が取れます。

思ったよりも結構正確で、とても使いやすいです、

こちらのアプリは、中国語の勉強をする際にもとても役立つのではないでしょうか?

中国でグーグル(Google)やライン(LINE)を使う時は、VPNアプリ「极速vpn」が便利

「极速vpn」を使えば、インターネットがとても快適に使えます。

中国で、グーグルや、ライン、フェイスブックやインスタグラムを使う場合、

「VPN」といった仕組みを利用しなくてはいけないのですが、

いまいち設定方法が難しかったり、日本にいる間に準備をしなくてはいけなかったりと、何かと不便、

無料のアプリも数多くあるにはあるのですが、そういったものを実際に中国で使おうとすると使えないという事も多くあります。

こちらの「极速vpn」に関しては、中国国内からもダウンロードが出来ますし、

とりあえず、初めの数日間は無料なので、試しに使ってみて、それから今後も使うかどうかを決めてもいいでしょう。

料金もとても安く、1ヶ月15元(240円)しかかからず、

中国の回線を通さない為、インターネットの速度もかなり上がります。

中国のインターネットは、たった一つのページを表示するだけでも表示が遅過ぎて、とてもストレスがたまります、

中国にいる間は、これ程便利なアプリは無いし、中国以外の国でも使えます。

もちろん、グーグルやラインなんかも問題なく使えますので、とてもおすすめのアプリです。

ただ、一つ注意点としては、15元を支払う時に「WeChat(微信)」のアプリが必要になるという事、

その場合、同じホテルにいる中国人に15元を渡して、自分のWeChatにお金を送ってもらえばOK、

もし「极速vpn」を使いたい場合は、ホテルの窓口や、そこら辺の中国人に15元を渡してお願いしてみましょう。

とても簡単で、あると本当に便利です。

中国国内で携帯電話のSIMカードの契約

中国を旅行する際は、携帯のSIMカードの契約は絶対にしておいた方がいいでしょう、

そうしないと、どこで電車に乗っていいのかも分かりませんし、目的地に行く方法すらも調べる事が出来ません、

最悪、自分のホテルにまで帰れなくなったり、いざ、そこら辺の中国人に道を聞いたところで、嘘しか教えてもらえません。

町中のどこを見ても漢字だらけで、一体何と書いてあるかも分かりませんし、

ほとんどの中国人が、日本語も英語も話せません。

ですので、中国に行く際には、必ず始めにSIMカードは手に入れておきましょう、

これがあるのと無いのとでは、旅行の便利さが段違いです。

中国国内で携帯電話のSIMカードを買う、契約する方法はコチラ

国際キャッシュカードの申し込みをしておく

国際キャッシュカードとは、簡単に説明をすると、世界中のどこに行ってもATMさえあれば、

いつでもどこでも世界中のATMで現地のお金を下ろせるというものになりまして、

これを持っていれば、世界中どこでも旅行が出来るようになります。

現地でお金を下ろしても、日本円でのレートも勝手に計算してくれますし、

下手に外国で日本のお金を両替して手数料を取られるよりも、安くて便利。

もし、外国でカードを使うのが不安という人は、携帯のアプリを使って、

その都度、残高を確認する事も出来ますし、お金の振り込みや支払いもとても簡単。

海外旅行をする際にはとても便利なものですし、日本にいても普通の銀行のカードと同じように使えます。

国際キャッシュカードの特徴、おすすめ、お得なカードなどに関してはコチラ

中国を旅行中はメモ帳で筆談、買い物中にもとても便利

中国を旅行する際には、メモ帳が一つあるといいです。

日本人はある程度の漢字が書けますので、紙に書いて中国人に見せれば、

相手が自分の言いたい事を理解してくれる事も多いです。

そんなに荷物になるものでもありませんので、1つ位ポケットに入れておいてもいいのでは?

日本円で1000円札を用意(空港で交通費用に両替をする為)

いくら国際キャッシュカードを持っていたとしても、

空港に、自分が持っているカードに対応したATMがなければまるで意味が無い、

小さい空港なんかはATMが無かったりもしますし、日本円で1000円札を持っていれば、

両替所で、中国のお金に両替をする事が出来ます。

これは中国に限らず、他の国においてもあてはまりますね。

僕は以前、空港から市内に行くまでのお金が一銭も無く、

乞食をして、見ず知らずの赤の他人からバス代をもらった事があります

(中国のバス代は、大体1元(17円)のところが多い。)

そういった事にならない為にも、念のため、

あらかじめ、日本のお金をいくらか持っておいた方がいいでしょう。

(空港に、海外のキャッシュカードに対応したATMさえあれば全く問題はない。)

まとめ

それでは今回は、中国旅行を出来るだけ楽に、初心者でも楽しく旅行を出来るようにという事で書いてみましたが、

今回の内容を簡単にまとめると、

  • 携帯に必要なアプリをダウンロードしておく
  • SIMカードを手に入れておけば、怖いものなし
  • 国際キャッシュカードがあればもっと便利に
  • あと、豆知識として、携帯は常に機内モードにしておけば、充電が信じられない位に長持ちします、

    機内モードにしておいても、Wi-Fiに繋ぐ事は出来ますし、

    カフェなんかではWi-Fiに繋ぎつつ、機内モードでインターネットを楽しみましょう。

    本当に、充電の持ちが段違いなので。

    特に、海外では携帯電話が無いととても不便な場面も出てきますからね。

    それでは楽しい中国旅行を~。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク