【日帰り海外旅行可】ロシア ウラジオストク 治安いい 女性一人旅OK, 物価安いし美人多い

シェアする

こんにちは。根岸と申します。

今回は、日本から飛行機でたったの2時間で行ける、

女性の週末旅行、日帰りにも最適、

そしてヨーロッパよりもヨーロッパの雰囲気を感じる事が出来る

「ウラジオストク」の紹介。

ウラジオストクの治安、物価、注意点、なぜおすすめか

ウラジオストクは、週末を利用した、

女性の海外旅行なんかにもとてもおすすめで、

下手すると、日帰りでの旅行も可能です。

街の中心部に至っては、数日あれば、ある程度は見て周る事が可能でしょうし、きれいな場所もとても多いです。

ウラジオストクは、女性の一人旅や、友達同士、カップルにもとてもおすすめ出来る街です。

ウラジオストクをおすすめする具体的な理由としては、

日本からウラジオストクまで、飛行機でたったの2時間と、とにかく近い

ここ最近、日本からウラジオストクまでの飛行機の直通便が出るようになりまして、

成田からウラジオストク間が、片道2時間程度で行けるようになりました、

日本からの直通便という事になると、最近は、

S7航空という会社が、ウラジオストクまで行くのに便利だと思います。

片道2時間ですので、人によっては、日本国内で、実家に帰るよりも安くて近いのではないのでしょうか?

たったの2時間で、あんなにきれいで可愛い景色を見る事が出来るんですからね、

行かない理由が無い位です、

本気で、女子におすすめです。

あとは、韓国経由、もしくは、中国からバスや電車で、

ウラジオストクまで向かうという方法もあります。

韓国からウラジオストクまでだと、

片道1万円以内で行ける航空券も出ていますので、

時間のある方は、韓国を旅行するついで、もしくは、

韓国経由でウラジオストクまで行くというのも方法としてはありでしょう。

日本からウラジオストクまでの飛行機、航空券が安い

ここ最近は、日本からウラジオストクまでの、飛行機の直通便が出ているという事もあり、距離的にもかなり近い為、航空券もとても安いです。

時期にもよりますが、片道の料金が15000円位からあったりもします。

片道2時間で、飛行機の値段も15000円から、

たったそれだけで、全くの異世界に行けちゃうわけですから、これを利用しない手はないですね。

ウラジオストクは、過去に、世界で最も美しい港町の一つに選ばれた事もある位に、とても美しい海浜都市としても有名です。

そういった理由からも、女性同士や、カップルなんかにも、とてもおすすめ出来る場所ですね。

ウラジオストクの治安について

一般的な人達からする、ロシアのイメージとしては、

少し怖いイメージも多少はあるかと思いますし、実際にそういった場所も多くあるかとは思いますが、

「ウラジオストク」に関しては、そういった心配はないのでは?と言ってもいいのではないでしょうか?

ウラジオストクは、観光客がとても多く、家族連れや、子供連れで来ている人達も沢山いて、

その中でも特に、韓国人観光客がこれでもかという位に多いです。

街の中心部に至っては、もはや人口の半分以上が韓国人なのではないか?

という位に、とにかく韓国人が多いです。

韓国のおじさんやおばさん達の団体ツアー客もとても多く、

とにかく、街の中心部に至っては、毎日そこら中を、大勢でウロウロとしています、

こんな感じ

ただ、言い換えれば、おじさんやおばさん達が、夜でも外をウロウロと出来る位に、治安は良いようには感じましたし、

実際に、韓国人の女の子達も夜、友達と一緒にのんびりと散歩していたりと、

特に、治安の悪さは感じませんでした。

ただ、ウラジオストクから、数時間離れたような田舎の方に行くと、

かなり大きめの野良犬が、ウロウロとしてましたので、

田舎の方に行く際には、注意した方が良いでしょう、

ただ、ウラジオストクに関しては、野良犬はゼロだとは思います。

とはいえ、やはり外国は外国ですので、

必要最低限、気を付けるにこした事はないでしょう。

ウラジオストクの街全体の雰囲気は、可愛くてきれい、ヨーロッパよりもヨーロッパ

ヨーロッパがもっと洗練された雰囲気のある街だとするなら、

ウラジオストクはもう少し、童話感があり、建物の形も丸っこく、カラフルでとても可愛いです、

街中を歩いていても、あのまるで顔文字のような、

ロシア語のキリル文字が、至る所にあるわけですからね、

カラフルなマトリョーシカも沢山見る事が出来ますよ。

ウラジオストクの物価

ウラジオストクの物価は、比較的高いとは言われていますが、

ロシア国内の、他の都市に比べて高いと言われているだけで、

日本人からすると、全体的に、日本よりも物価は安いです、ただし、

観光客向けのお店は、やはりどこの国に行っても高いですね、

ただ、街中の至るところで、ピロシキなんかを食べる事も出来ますし、

カフェに入っても、コーヒーも量が多くて、安いし、美味しいです、

安いホステルなんかも、探せば1000円代から沢山ありますからね、

そういった点でも、観光客には優しい街だと思います。

ウラジオストクを旅行する際の注意点

ロシアでは「LINE(ライン)」が使えませんので、

もしラインを使って、友達とやり取りをしたいといった場合は、

「VPN」といったものを使わないといけません。

あと、いくら治安が良いとはいえ、外国は外国ですので、

必要最低限は注意するにこした事はないです。

クレジットカードを使えるお店は、意外と多いです、

ただ、日本のカードだと、機械を通しても、スムーズに、認識をしない事が多いです。

ウラジオストクの店員さん達は支払いの際、機械にカードを通す時に、

かなり、ゆっくりとカードを通すのですが、そのせいか、

日本のカードだと、認識されない事が多いです、

ですので、支払いの際、カードを通す時は、

ゆっくり通すのではなく、自分で素早くですね。

そうする事で、カードがきちんと認識する事がほとんどでした。

ウラジオストク空港からの市内までのアクセス

ウラジオストクの駅までは、直通で電車が出ているので、

とても楽に簡単に、いろいろな景色を見ながら、楽しく市街地まで行く事が出来ます。

電車だとウラジオストク市内までは約1時間、

バスだと大体、2時間程度かかります、

バスだと、電車よりももっと本数が増えるので、

そこら辺は、自分の都合に合わせて変えていくといいでしょう。

空港には、Wi-Fiもありますし、電話番号などが無くても、誰でも使えます。

ウラジオストクから市内までの、電車の料金は、

2018年現在、片道230ルーブル(大体380円程)です。

ウラジオストクの一般的な観光地、おすすめスポット

ウラジオストクは、観光地や、見て周る場所としては、

街の中心部に、集まっていることが多いのですが、

大体の場所が、街の中心部から歩いて周れると思います。

意外と、坂が多かったりもしますので、場所によっては、

バスを使って移動をした方が、楽でスムーズに行けるところもあります。

ウラジオストク駅

ウラジオストクの駅は、シベリア鉄道という、

世界で一番長い鉄道(9289km)の、終着駅という位置付けにあるのですが、

周りには、屋台や、レストラン、スーパーや、ショッピングモールも割と近く、

見て周る所が何気に多く、楽しめる場所です。

駅自体は、とても小さい駅になりますが、可愛いレトロな電車も多く止まっていますので、

とても素敵な、散歩コースになるのではないでしょうか?

そこから見える港も、とても可愛くてきれいです。

ウラジオストク駅の隣にある、ショッピングモールから海を眺める

ウラジオストク駅からすぐ隣に、ちょっとしたショッピングセンターのようなものがあるのですが、そこからウラジオストクの港を眺める事が出来ます。

コーヒーを買って、そこのベンチに座りながら、海を眺めるも良し、

近所には、レストランもいくつかありますので、

一度は、足を運んでみても良いスポットでしょう、

夜景もきれいです。

街の中心部の大通り アドミラーラ・フォーキナ通り

ここの通りは、コンビニやコーヒー屋か多く並んでいて、

いつも多くの人で賑わっています、

韓国人観光客がとにかく多く、ゴミを散らかし、ワイワイガヤガヤとやっています、

夜は、ほぼほぼ現地の人達やカップルだらけになり、

韓国人の人達は、かなり少なくなります、

近くには、大きな噴水があったり、イケメンや美人もウロウロとする場所ですので、

こちらもウラジオストクを訪れた際には、必ず行くべき場所でしょう、

大通りを抜けると、その先は海ですので、ビーチ沿いで、

座ってのんびりとコーヒーでも飲みながら、

ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

ウラジオストクの駅からも、歩いて10分位の距離です。

街の至る所にあるカフェ、ロゴがスターバックスっぽい PIRATES COFFEE

ウラジオストクの街の至る所にあるこのコーヒー屋「PIRATES COFFEE」

とても量が多く、安くて美味しいです(値段は100円しない位)

こちらのカフェは、街の至るところで目にする機会があると思います。

大通りにあるこちらのコーヒー屋は、客の90%が韓国人だったりもします。

中心部から大通りを抜けた先にあるビーチ スポーツ湾

ウラジオストクは、世界で最も美しい港町の一つに選ばれた事もあるだけあって、とてもきれいです、

船も沢山止まっていて、ビーチでは、女性がビキニでのんびりとしています、

港の夜景も、とてもきれいです。

ウラジオストク スポーツ湾近くの遊園地 カールセル(Karusel)

何やら、子供時代を思い出しそうな、とても可愛いレトロな遊園地、

ただ、見た目は可愛くても、グルグルと回転するような、

ゆりかご式のアトラクションもあったりと、

とても怖そうな乗り物もチョコチョコありましたので、

かなり楽しめる事、間違いなしです。

大通りを抜けた後に見えるビーチからも、歩いて数分で行けますので、

場所としては、とても便利で、遊園地内を、散歩するだけでも、とても楽しめるでしょう。

軍艦好きにはたまらない 潜水艦C-56博物館

中心部から少し離れた場所に、以前、実際に使われていた潜水艦が置いてある場所があります。

実際に、その潜水艦の中に入って、いろいろと見物が出来るようになっています。

そこからすぐそばには、海軍が軍艦を沢山とめてある、海軍基地なんかもありますので、

船好き、海軍、軍艦好きには、とてもたまらない景色になるのではないでしょうか?

そこから近所のお土産屋さんも、安くておすすめです。

可愛いレトロなケーブルカー乗り場 Funikuler駅

中心部からバスで少し行くと、ケーブルカーに乗れる駅があります、

中央広場からも、歩いて行く事も出来ますし、

駅の上からの景色も、とてもきれいで可愛いですし、

散歩がてら、のんびりと歩いて行くのも良いかと思います

料金は、片道14ルーブルで、日本円にするとおよそ25円程度です。

そこからすぐそばにも、きれいな広場や教会なんかもあります。

お土産は空港で買うよりも、お土産屋さんがおすすめ

例えば、マトリョーシカなんかは、空港で買うととても高く、

こちらのお土産屋さんで買う値段の5倍以上もしました、

ですので、空港でお土産を買う事はおすすめしていません、

帰りの空港で、全てのお金を無駄なく使いきりたいといった場合以外は、

こういったお土産屋さんで、お土産を買う事をおすすめします。

ロシアを旅行中に覚えておくと便利な言葉

スパシーバ → ありがとう

パチョーム → いくら?

最低限、この2つを覚えておくと、旅行がとても楽で、楽しくなる事でしょう、

店員さんにもきちんと「ありがとう」と伝えてあげると、

とても、ニコニコとしてくれます。

あとは、ウラジオストクでは、日本語や英語がほぼほぼ伝わらない為、

メモ帳を持ち歩いて、値段などを、

紙に書いてもらったりしても便利かもしれませんね。

言葉が通じない国を旅行中の、メモ帳の効果的な使い方はコチラ

ウラジオストクのいいところ、悪いところ、特徴を、簡単にまとめ

ウラジオストクのいい部分と、悪い部分を簡単に箇条書きにしてまとめてみました。

ウラジオストクのいい部分

  • 可愛いもの、建物、景色好きの女子にはうってつけ
  • 乙女心を持った男性諸君にも、とてもおすすめ
  • 日本から、片道たったの2時間なのに、日本の景色とは明らかに違う
  • インスタ映え、写真映えする所も多い
  • 海も建物も港も、全てがきれいでかわいい
  • 町並みがカラフルで、童話感が満載
  • 街の至る所で見る事の出来るロシア語(キリル文字)もとても可愛い

    町中、顔文字が沢山、といった感じ

  • 宝石、ジュエリーがとても安い
  • 2〜3泊すれば、中心部なら、大体は周れるはず
  • 治安も良くて、物価も安い
  • 街の交通費が安い(バスが23ルーブル)
  • 美男美女が多い
  • 日本人はとても少ないが、日本車はとても多い
  • カナダのバンクーバーっぽい雰囲気が若干ある
  • KFCなんかだとタッチパネルで注文が出来るので、言葉が分からなくてもOK
  • 意外とクレジットカードが使えるところも多い
  • ウラジオストクの悪い部分

  • 英語は基本通じないと考えて良い

    お店は、基本的な英語なら話せる事が多い

  • 韓国人がとにかく多い
    (韓国人団体ツアー客、おじちゃんおばちゃん軍団、カップル)

  • 韓国人の自撮りが邪魔な事も多々

    噴水の、ど真ん中に三脚を立てて、その前で、ずっと写真を撮っていて他の人が写真を撮れないなど、

    おばちゃん達も必死にセルフィー(これは可愛い)

  • 意外と、Wi-Fiが入っている建物が少ない

    (KFCやバーガーキングなどにはWi-Fiが無い事も多いし、

    場合によってはカフェにもWi-Fiが無い事もあったり、

    あっても、混み合っていてまともに使えなかったりする事もある)

    → 空港でSIMカードを手に入れれば、旅行がもっと便利に、(料金は1ヶ月、800円位から)

  • 便器にトイレットペーパーを流せない
  • レストランが閉まるのがとても早い(場所によっては20時までとか)

    → KFCなんかは2:00まで空いている事もある

最後に

と、こんな感じで、簡単にウラジオストクを紹介してきましたが、

今のところ、ウラジオストクで日本人を見かける事は少ないですが、

今後は、ウラジオストクを旅行する日本人は、もっと増えていくと思います、

だから、異国感を味わうなら今がチャンス、本当におすすめ、穴場です。

日本から、一番近いヨーロッパ、

そして雰囲気も、ヨーロッパよりもヨーロッパ

とにかく景色が可愛くて、童話感溢れる、きれいなウラジオストク

日本からもとても近いので、

週末を利用して軽く行ってみてはいかがでしょうか?

宿を取る際には、街の中心部にとる事をおすすめします。

大体、見てまわる所も中心部に集まっているし、

周りにも、人が多い為、治安の心配もしなくていい、

中心部から離れると暗いし、ホテルもレストランもスーパーも無いしで、

移動も不便で、何かと便利が悪いです。

帰りの空港までも、中心部近くのウラジオストク駅から、

バスや、電車で一本で行けるし、数も頻繁に出ています、

もし、週末旅行でウラジオストクを周りたいという人は、

観光ルートとしては、中心部、海や遊園地で1日、

潜水艦、カフェ、ケーブルカー、お土産屋などで1日

という風に、周ってみてはいかがでしょうか?

とても可愛くて、きれいで、乙女心をくすぐる「ウラジオストク」

穴場です。

ウラジオストクの夜遊び情報

ウラジオストクで知り合った韓国人男性から、

男性専用の夜遊び情報をいくつか聞きました。

相場は、大体が、1700円~3300円程度、

ロシアの美女と高くても、3000円ちょっと。

は?という感じですよね、

一応、夜遊び街と呼ばれるものもあるみたい、有名どころだと、

Lugovaya Square

Fabrika “Zarya”

そして、いわゆる、立ちんぼと呼ばれる人達のほとんどが、10代みたいです、

立ちんぼだと、通常よりも、かなり安いみたいですね、

ここら辺が大体、そういった事をする事での有名なエリアみたいで、

この辺を探してれば、声をかけてきたりする子もいるみたい。

ストリップクラブもあるみたいで、場所によっては、

同性愛者のショーを見る事が出来たりするみたいで、

入場料は、大体が、2000円~2500円みたい。

と、そんな感じで、ウラジオストクにいる間、そういった話を沢山聞いたので、

自分でも、ほんの少し調べてみたところ、

ストリップクラブに関しては、大体、街の中心部にあるみたいで、

その中でも、よく知られているところとしては、

XXX Show Club
ここは、なかなか評判が良いみたい、

Vinil
ここは、毎週木曜日に、女の子の割引セールをやってるみたい、

そして、街の中心部の大通りでは、夕方から夜にかけて、

男性専用マッサージのお誘いもあり、僕も、名刺をもらっちゃいました、

とても可愛い、ロシアン金髪女性でしたね。

興味がある方は、ぜひ行ってみると良いのでは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク