【韓国旅行おすすめ】大邱(テグ) 近いし安いし, 方言も可愛い

シェアする

こんにちは。みあ(@malg_tw)と申します。

今回は、日本から一番近い外国、韓国の「大邱(テグ)」を紹介。

今回紹介するのは、「大邱(テグ)」という、韓国では4番目に大きな都市なのですが、

僕がなぜ、韓国の首都、ソウルではなく、今回「テグ」をおすすめするのか、それはいくつかの理由があります。

それはまず、

福岡から1時間、東京からも時間と、とにかく近い

日本から韓国の「テグ」までは、とにかく近く、その中でも特に、福岡からテグなんかに関しては、飛行機で片道1時間程度で行けます。

僕は過去に、福岡からテグまで、飛行機で片道40分で行った事もあります。

とにかく近いです。

東京からテグまで行く場合でも、やはり飛行機で、片道2時間半程度で行けるので、

週末を利用した海外旅行という点においても、とても行きやすく、

気軽に海外の雰囲気を楽しめる、そんな場所になっています。

場合によっては、下手に国内旅行をするよりも、早く、簡単に行く事が出来ますので、

週末の予定が何も無い、といった方にとっても、とてもおすすめです。

日本からたったの2時間で行けるヨーロッパ、ロシアの「ウラジオストク」に関する記事はコチラ

日本から大邱(テグ)まで行く飛行機、航空券が、とにかく安い

先程も言いましたが、「テグ」は、とにかく近いです、

その為、飛行機代がとても安く、東京からテグまでなら、約7000円程度から、

福岡からテグまでだと、約5000円位から、

時期にもよりますが、最安値だと、大体3000円代からあります。

安過ぎですよね、

僕は過去に、福岡からテグまでの航空券を、片道3500円で買った事があります。

飛行機で片道数千円程度で行けるのですから、下手に国内旅行をするよりも、近いし、安いしで、コスパもよいです。

ここ最近は、大分からソウル間の飛行機も相当安いようですね、

時期によっては、こちらも3000円代からあったりもします。

東京や福岡に限らず、テグは日本のいろいろな地域からも飛んでますので、

興味のある方は、一度、航空券をチェックしてみてもいいと思います。

韓国のおすすめの航空会社は、ティーウェイ航空や、チェジュ航空などがありますが、

とにかく数も多く、会社によって、いろいろと決まりも変わってきますので、

一度確認してみる事をおすすめします。

<韓国の飛行機、航空会社(LCC)の紹介

ソウルなどの大都市と比べても、韓国っぽさが満載

ソウルや釜山などの大都市を観光し過ぎて、もう飽きたという人にとっても、

「大邱(テグ)」でしたら、これまでとはまた違った雰囲気を味わう事が出来るでしょう。

ソウルなんかと比べても、そこまで洗練されていない為、少し田舎っぽい雰囲気もあり、より韓国っぽさを感じる事の出来る場所になっています。

ソウルはもう飽きたという人、

ショッピングや、化粧品を漁る事以外の楽しみが欲しい、

週末の予定が何も無くて、とにかく暇だ、

そういった方々には、テグはとてもおすすめです。

もし、もう韓国なんかどこに行っても全部同じだし、というような、韓国通の方がいましたら、

済州島(チェジュ島)や、永宗島(ヨンジョンド)なんかも、とてもおすすめです。

ただ、テグは、特に夏場は、韓国内でも一番暑い地域と言われており、

韓国人の人たちからは、テグ + アフリカで「テプリカ」と呼ばれている位に暑いです。

ですので、夏場にテグを旅行する際は、水分補給には十分に気を付けて下さい。

夏にはランタン祭りなんかもやりますからね、

とてもおすすめです。

テグから主要都市のどこにでも、バスや電車で簡単に行ける

「テグ」はちょうど韓国の南の地域にあり、バスや飛行機などの便利がとても良い場所にあります。

ですので、いざ、テグから別の町に行こうという場合でも、比較的、簡単に移動する事が出来ます。

ですので、ソウルに友達がいる人でも、テグから電車やバスで割とすぐに行けますし、

釜山(プサン)や全州(チョンジュ)、光州(クァンジュ)なんかもかなり近いです。

テグからソウルまでは、バスで約2時間

テグから釜山(プサン)までも、およそ40分

他にも、全州(チョンジュ)や、光州(クァンジュ)なんかも、

大体どこに行くにも、テグから2時間程度で行けます

韓国は、バスの料金もとても安いですからね、

ですので、釜山の友達に会いに行くのに、わざわざ、釜山行きの高い航空券を買わなくてもいいんです。

全州(チョンジュ)は、全州ビビンパや、全州韓屋村なんかでも有名ですし、

光州(クァンジュ)は、韓国内で、一番ご飯が美味しい地域と言われていて、

映画や美術(光州ビエンナーレ)、光州事件(5.18事件)なんかでも、割と有名な街だったりもします。

光州から済州島(チェジュ島)なんかに関しては、飛行機が1000円代からあったりもしますので、

光州に行った時には、ついでにチェジュ島にも行ってみて、そこからそのまま、

また別の都市に飛行機で行ってみるというのもいい方法だと思います。

韓国で一番ご飯が美味しいと言われる光州に関する記事はコチラ

僕は、いつもテグ行きの航空券を買って、帰りはソウルから東京まで、といった風に飛行機のチケットを買う事が多いです。

そうすれば、釜山やソウルにいる友達みんなに会う事が出来ますからね。

とても便利です。

食べ物が美味しい

テグは韓国の中でも、割と南の地域にありますので、ソウルとはまた違った韓国料理や、街の雰囲気を楽しめると思います。

テグの名物はマッチャン(ホルモンの一部)や、チムカルビと呼ばれるものがありまして、

意外と、ビビンバなんかもとても美味しかったりもします。

有名な観光地としては、そういったホルモン類を食べれるマッチャン通りや、

その近所には、カフェ通りなんかがあったりもしますし、新世界というビルや、美術館など、いろいろと楽しめる場所が多いです。

他にも有名な観光地としては、

東城路(トンソンロ)と呼ばれる、テグでは一番にぎやかな通りや、

西門市場(ソムンシジャン)や、漢方に関する博物館なんかもありますので、割と楽しめると思います

そういえば、漢方といえば、2018年は、香港が世界で一番の長寿国になったみたいですね、

とてもおめでたい事です。

方言がとても可愛い

テグの方言やアクセントは、ソウルなどの北の方の地域の言葉と比べると、明らかに違います。

韓国語が少しでも分かるという人からすると、明らかに言葉の感じが違う為、そこら辺も、より楽しめると思います。

ああいう方言を話す女性にも、とても萌えますよね、

とても可愛いです。

そういった面でも、またソウルとは、雰囲気がかなり変わってきますので、

もうソウルは飽きたし、どうでもいいやといった人でも、もう少しまた違った雰囲気を楽しめると思います。

まとめ

という事で、今回の内容を簡単にまとめると、

テグはとにかく近い(週末旅行、日帰り旅行なんかにもおすすめ)

そして飛行機代が安い(航空券は、片道数千円程度)

気軽に海外旅行で異文化体験(いくら近いとはいえど、やはり外国は外国)

食べ物が美味しい(ソウルとはまた違った食べ物やお酒)

見所満載で、別の都市にいくのにも、とても簡単で便利で安い

韓国は、ここ最近物価がとても上がっており、ものによっては日本よりの高いと感じるものも多々あると思います、

ただ、やはり交通費や、宿泊費(ホテルやホステル代)なんかに関しては、今もまだとても安く、とても旅行しやすい国だと思います。

僕は、韓国で宿泊をする際には、毎度モーテルに泊まる事をおすすめしているのですが、

なぜモーテルに泊まる事をおすすめするかというと、

まず、単純に韓国文化の一つなんですね、

日本のラブホテルのように、いかがわしい雰囲気はありません。

そしてまず安い、そしてきれい、場所によっては、

部屋にジャグジーなんかがついてたりもするし、

値段も、数千円位からで、友達と一緒に行けば、そこからまた半額で済んで、とてもお得で楽しい、

部屋でエアコンガンガンで、マッコリでも飲みながら、K-POPのテレビ番組を見て騒いだりも出来ますしね

韓国では、女の子同士でみんなでモーテルに泊まってパーティーをするといった事も多く、とても気軽に入れる施設になっています

韓国文化の一つとして、みんなでモーテルに泊まって、中華屋の出前をとって、

ジャージャー麺と酢豚を食べるというものがあるようです、

女性の2人旅で、一緒に仲良く泊まるも良し、

カップルで、一緒に仲良く過ごすも良し、

一人で優雅にのんびりと、まるで金持ちのように過ごすも良し、

とてもおすすめです、

ただ、ここ最近は、街中の公衆トイレなんかに、盗撮目的として、隠しカメラが仕掛けられている事も、かなり多いようですので、

ホテル内や、公衆トイレなんかを利用する際には、十分に注意して下さいね、

トイレの所々が穴だらけですよ、

それでは、楽しいテグ旅行を~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク