韓国に行くと下痢をする人は、レストランの水が原因の可能性大

シェアする

こんにちは。根岸と申します。

今回は、毎度韓国へ行く度に、下痢をしてしまうという方へ、

考えられる原因や、対策方法を、いろいろとご紹介。

韓国に行く度に、毎度下痢をしてしまう原因や、対策など

まず、韓国へ行くと、毎回お腹を壊す、という人に向けての、対策方法としては、

  • 食堂等で出されるに気を付ける
  • お酒を控える
  • 酒でやられた胃と、辛い食べ物のフルコンボを避ける
  • 今回は、この3つの方法について、詳しく、

    あとは、食堂などで、メニューを注文する際のコツなどもご紹介。

    食堂などで出される水に注意する

    まず、韓国に行くと下痢をするという人は、実は、辛い食べ物が原因という訳ではなくて、

    その原因のほとんどが、実は、食堂なんかで、何気に出される水

    周りの韓国人達が、何も気にせずに、ガンガン飲んでいるからといって、

    それが、日本人のお腹にまでも、問題ないかといったら大間違い、

    韓国では、基本的に、水道水は飲めませんし、

    地元の人達も、毎回、沸かして飲んでいる位…、

    日本というのは、世界的にも、かなり、衛生的にも進んでいる方で、

    海外に出ると、水道水を飲める国というのは、ある程度限られてきます。

    私の思うに、食堂で出されている水は、恐らく、単なる、水道水です。

    それでも、韓国人は、比較的大丈夫、

    でも、日本人はダメ。

    私は、基本的に、どこの国に行っても、

    全く下痢なんかしない位に、胃腸は丈夫なはずなのですが、

    韓国だけは、何度行っても、毎度毎度、下痢をしてしまう、

    そして、ある日、水を飲まずに検証してみた結果、

    その答えが、水でした。

    周りの韓国人の友人達も、目の前で、ガンガン水を飲んでいる訳ですし、

    まさか、その水が原因で、とは、夢にも思いません、

    それでも、日本人は、私の友人達も含め、やはりみんなダメで、

    それだけ、日本はきれいという事なんです、

    ですので、食堂で出される水には、気をつけるにこした事はないでしょう、

    場所によっては、問題ない所もあります。

    辛い食べ物を、出来るだけ控えるようにする、韓国料理の辛くない食べ物とは?

    韓国で、毎度下痢をする原因が、やっぱり、水ではなく、辛い物の食べ過ぎだという事でしたら、

    辛い食べ物を出来るだけ、避けながら過ごしていく他、方法は無いです、

    韓国といえば、何でもかんでも、唐辛子を入れて、真っ赤っかになってるような、

    辛い食べ物しかない、という風にも思われがちですが、意外と、辛くない食べ物も多い、

    ただ、辛い物を出来るだけ避ける、とはいえど、

    いざ、食べ物屋さんに入った際に、韓国語が分からないという人も多いはず、

    そこで、韓国で辛くない食べ物といえば、基本的には、

    冷麺(ネンミョン)

    うどん(グクス)

    ジャージャー麺(チャジャンミョン)

    サムギョプサルやホルモンなどの焼肉系

    キンパ(巻き寿司)

    クッパ系(スープとご飯)

    プルコギ(すき焼き味の炒め物)

    チヂミ(韓国風お好み焼き?)

    スンデ(ソーセージ、内臓などの詰め物)

    と、こういったものがあります。

    あとは、韓国料理から離れて、イタリアンなどの、外国料理のお店を選ぶか、

    カフェなどで出されるようなものを食べるといいでしょう。

    毎度、食べ物を頼む度に、必ずついてくる、

    キムチ類も、出来れば、避けるにこした事はないです、

    (たかだかキムチ位ならと、油断して食べちゃうパターンも多い)

    あと、女性は比較的、男性と比べても、

    下痢をしない傾向にあるみたい。

    とまぁ、これらの情報は、予備知識として、

    頭に入れておいても、損は無いのではないでしょうか?

    お酒を控える、飲み過ぎて胃を荒らさないように心がける

    まず、お酒と、辛い物のダブルパンチは、胃を荒らしがち、

    韓国には、日本と同じように、お酒、居酒屋文化というものがあり、

    いざ、遊びに行こうとなると、必ず、お酒を飲みに行くという傾向にあります。

    日本でも、いざ、遊びに行こうとなった際に、

    居酒屋などに、足を運ぶ事も多いかと思います。

    もちろん韓国にも、お酒を飲めない人というのは割と多いのですが、

    韓国の文化的な事もあり、お酒を飲めないにしても、

    とりあえずは、断る事なく、まずはお酒を飲む、

    しかも、日本のように、

    カルーアミルクや、カシスオレンジといった、

    アルコール度数の弱いものではなく、

    「ソジュ」と呼ばれる、韓国の焼酎を飲まされる事も多く、

    お酒でやられた胃に、辛い物のフルコンボだと、

    下痢うんぬんの前に、まず、胃にも、健康にも悪い、

    ですので、韓国で下痢をしているという方は、

    出来るだけ、つよいお酒は飲まないに、こした事はない、

    とはいっても、お酒と、辛い物のフルコンボって、

    本当に、美味しいんですよねぇ…。

    ですので、分かっていても、なかなかやめられません。

    食べ物屋に入った際の注意点や、注文をする際のコツ

    食べ物屋さんで注文をする時に、覚えておくと便利な単語は、

  • イゴ(これ)
  • メウォ(辛い)
  • アンメウォ(辛くない)
  • シロ(嫌い)
  • せめて、これらの単語だけでも覚えておけば、

    辛い物を、ある程度は意識して、避ける事が出来るようになるのではないでしょうか?

    食べ物屋に入って、注文をする際に、

    もしメニューを見ても、何がなんだか分からないという時は、

    メニューを指差しながら、

    イゴ、メウォヨ?(これ辛いですか?)と聞けばいいです、

    そして、メウンゴシロヨ(辛いの嫌いです)と伝えれば、恐らく、

    「じゃあこれは?」と、何かしら、

    別の食べ物を、提案してくれるのではないでしょうか?

    メニューに何が書いてあるか分からないという人は、ちょっとした単語だけでも覚えておくといいかも

    基本的に、辛いものに当たる確率が、少なめの食べ物といえば、

    チュッ(죽) / おかゆ

    チュッは、日本でいう「おかゆ」です。

    基本的に、辛いお粥というものは無いのではないでしょうか?

    二日酔いの時や、お腹がやられている時なんかは、

    まるで、病人のように、朝からゆっくりと、

    お粥を食べるというのはいかがでしょう、

    お粥によっては、牡蠣が入ったものなど、沢山ありますので、

    とても楽しめる事、間違い無しでしょう。

    ミョン(면) / 麺

    ミョンは、麺という意味で、特に有名なのが、

    ジャージャー麺(チャジャンミョン)ではないでしょうか?

    韓国ドラマには、必ず毎度、登場してきますし、

    味も甘くて、とても美味しいです。

    値段も安く、全く辛くもない為、

    韓国に行ったら、必ず食べるべきものの一つだと思います。

    ただ、麺は麺でも、韓国のチャンポンはとても辛いです。

    あとは、ピビンネンミョン(비빔냉면)と呼ばれる、冷麺も、とても辛いので、

    そこら辺は、注意が必要ですね。

    タン(탕)

    タンは、スープという意味で、

    サムゲタンも、コムタンも、ソルロンタンも、全部スープ、

    「タン」という単語がつくものには、

    比較的、辛い物は少ないのではないでしょうか?

    スープなので、胃にも優しいですしね、

    ただ、カムジャタンという、じゃがいもスープは、ちょっと辛いかもしれません。

    クッパ(국밥)

    あとは、スープつながりで言うと、

    「クッパ」というものがあります。

    クッ(汁物) + パブ(ご飯)

    = クッパ(汁ご飯)

    何とかクッパと、名前がつくものにも、

    基本的に、辛い物は少ないと思います。

    スープ系でも、辛い確率がとても多いのは、

    チゲ(찌개) / 鍋 とか、そこら辺。

    ですので、チゲ系は、なるべく避けるにこした事はないでしょう。

    他にも、鍋でいうと、毎度、日本のガイドブックに、

    「タッカンマリ」というものが載っているのですが、

    実は、タッカンマリを知らない韓国人というのも、割と多く、

    韓国人に、タッカンマリ食べたいと言うと、

    「は?何それ?」という事も多いです。

    タッカンマリは、日本でだけ有名な食べ物らしい、

    これも辛くなく、タンパク質も豊富なので、とてもおすすめです。

    まとめ

    韓国に行って下痢をしない方法として、

    気を付けるべき事はやはり、一番に、食堂の水、

    そして、次に、辛い物と、お酒のフルコンボ。

    韓国は、いくら先進国とはいえ、いくら日本から近いとはいっても、

    衛生面に関しては、日本と比べると、やはり、

    まだまだ遠いなと感じる事が、多々あります。

    韓国は、未だに、トイレでトイレットペーパーを流せない所も、チョコチョコありますし、

    市民レベルも、場所によっては、かなり、低かったりもします、

    (一般的な交通マナーや、バスの運転手の荒さ、

    道端のゴミの多さ、市民のマナー面など)

    やはり、ご近所とは言えど、一応、外国は外国ですので、

    日本と同じように、どこでもここでも、水を飲める訳ではないんですね。

    日本は、本当に、衛生的にも良く、住みやすい国ですし、

    何だかんだで、物価も安いですから。

    という事で、韓国に行く度に、毎度下痢をしてしまうという方は、

    これらの事に気をつけて、過ごしてみてはいかがでしょうか?

    あとは、食べ物屋のメニューを見ても、

    何がなんだか分からないという人は、

    上に書いてある単語に目を通してみるか、

    「イゴメウォヨ?」という、魔法の言葉を使ってみるといいでしょう。

    それでは、みなさん、

    楽しい楽しい、韓国旅行を。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク