シャーガス病とは?カメムシ?サシガメ?感染経路, 治療薬, 予防方法は?

シェアする

こんにちは。みあ(@malg_tw)と申します。

今回は、中米や、南米を旅行する機会のある人は、治安なんかよりも、もっと注意するべき話でして、

特に、中南米で、虫に刺された経験のある人は、このシャーガス病にかかっている可能性があるのかも?という事、

一度、このシャーガス病にかかってしまうと、今のところ、完全に治す方法は無いよ、という事。

別名、「新型エイズ」とも言われています。

理由としては、まず、感染初期の時期を過ぎてしまうと、実際に、病気が発生するまで、全く自覚症状が無い、と言う点が、エイズと同じ。

完全に、治す方法が無いという点も、エイズと同じ(エイズの場合は、発症を抑える事は出来る)

シャーガス病とは?カメムシ?サシガメ?感染経路, 治療薬, 予防方法は?

まず、世界中で、最も人間の命を奪っている動物が、一体何かというと、

1位:蚊(マラリアなどの病気で、主にアフリカで発生)

2位:人間(戦争、紛争など)

3位:蛇

4位:犬(狂犬病)

5位:サシガメ、ツェツェバエなど

まずは、このシャーガス病にかかってしまうと、いずれどうなってしまうのか?

シャーガス病とは、

サシガメが人を刺す、その際に、サシガメが糞をする → 糞には、シャーガス病の原因となる菌がウヨウヨ。

それらの菌が、そのまま、傷口などを介して、体内に入る → 心臓に巣くう → ある日、突然、心臓が爆発。

この病気の怖いところは、

潜伏期間中、本人は、全く感染に気がつかない。

その後、心臓が悪くなって、いざ、病院に行ったとしても、単に、心臓発作といわれて終わり。

シャーガス病感染者の、30~40%の人が、ある程度の期間を経て、心不全を起こして、死亡してしまうとの事。

僕が、南米を旅行していた、ここ数年前の時点では、

インターネット上に、シャーガス病に関する情報が、日本語だと、全くありませんでした。

当時、南米のある地域を旅行している間に、虫に刺されてしまい、

丁度、そのタイミングで、シャーガス病には、気を付けるように、という話を耳にしたもので、

インターネット上で、試しに、英語で情報を漁ったところ、そうすると、いろいろと、出るわ出るわで、

海外では、割と知られている情報だったんですね、

そして、少し不安になったので、その後、赤十字に、直接連絡を取ってみても、

全く相手にしてもらえず、その時は、なかなか、悲しい思いをしました。

今現在、僕自身、何事も無く、毎日を過ごしている訳ですが、

ひょっとすると、シャーガス病にかかっている可能性も、ゼロではないわけでして、

いきなり、心疾患で、という事も、十分にありえるわけです。

シャーガス病が怖いのは、他にもいくつか理由があって、

移民や、旅行者からの輸血により、感染する事もあるし、母子感染もするという点。

中南米では、毎年12000人が、シャーガス病によって、命を亡くしているとも言われています。

これは、ダニや、南京虫、ベッドバグと、勘違いするから要注意、

中南米を旅行する人は、本当に、気をつけるにこした事はない。

あんまり、むやみに、変な場所に行ったり、訳の分からない動物を触らないようにという事ですね。

シャーガス病になると、原虫は、心臓や、消化器系の、筋肉内に潜む、

患者の30%は心疾患、10%は消化器疾患、神経疾患などを患うようで、

やがて、心筋や、神経系で、組織破壊が進行し、突然死や、心臓破裂を起こす。

しかも、薬に関しては、感染後の、初期症状が現れてから、すぐに使用しないと、意味がない。

そして、これだけ海外渡航者が増えたのにも関わらず、シャーガス病の事を知ってる人はほぼ皆無。

シャーガス病に関する動画

もし、刺されてしまった場合は、どうすればいいのか?予防、対策方法など

  • 刺されたら、即病院。(ベンズニダゾール、ニフルチモックスは、感染初期に使用しないと意味が無い。)
  • 中南米の、特定の地域を旅行する時は、注意して過ごす。
  • 薄着で寝ない。肌丸出しの状態で寝ない。
  • ここ最近は、中南米以外でも、感染が、確認されている為、どこへ行くにしても、念のため、注意するにこした事はない。

    最後に

    これってバックパッカーとか、長期旅行者って、治安がどうのこうのの前に、

    割と、知っておかなきゃいけない情報だったりもすると思うんですけど、

    大抵、未だに、誰も知らない、

    特に、中南米を旅行する機会のある人は、かなり注意が必要。

    最近は、海外旅行者経由で、いろいろな虫などが、持ち込まれてます、

    ヒアリなんかも、そういった中の一つ、

    シャーガス病に関しては、ここ最近は、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの、多くの国々でも、感染患者の発見が確認されていて、

    そして、実際に、感染してしまった場合、その後、出来る事というのは、対処療法しかなく、

    そして、いざ、心臓が破裂して、病院に運ばれたとしても、医者に知識が無い、

    あるいは、調べようが無い為、心疾患ですね、で終わり。

    東南アジアですら、デング熱に感染して、命を落としてしまう日本人も、チラホラいるわけで、

    アフリカや、アマゾンは、蚊が怖いからワクチン打っとこう、とか言う人もいますが、

    シャーガス病も、なかなか気にしといた方がいい問題なのではないのかな?と、

    とりあえず、旅行先のベッドで寝る際には、裸でパンツ一枚で寝たりしない、

    これは単純に、ダニや、虫刺されの予防にもなります、

    あとは、いくらアジア圏だからといって、油断はせず、

    旅行をする際には、十分に気を付けた方がいいでしょう。

    蛇毒とか、本当に怖過ぎ、

    ましてや、外国で蛇に噛まれたりした日なんかには、

    交通機関もしっかりしていない可能性も十分にあるし、まともな医者がいない可能性だってある、

    治安や、泥棒よりも、動物や、虫などにも、むやみに近づかないように、

    道端を歩いている犬なんかも、いくら可愛いからといって、むやみに、触ったりしてはいけない、

    狂犬病の致死率は、ほぼ100%です。

    旅行は、元気に、楽しく安全に、平和に楽しめてナンボ。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク