アクリルアミドの多い食べ物、発がん性や毒性について

シェアする

こんにちは。みあ(@malg_tw)と申します。

みなさん、「アクリルアミド」って、何だか知ってます?

普段、何も気にせず、適当に飯食ってる人も、

一応は、気を付けるにこした事はないのでは?って事で、今回は、ご紹介。

普段から多くの人が摂取している 発がん物質 アクリルアミドとは?

まず、「アクリルアミド」は、「発がん物質」として有名。

そして、意外と、アクリルアミドは、普段の生活から、みなさんも、自然と、体内に摂取しまくり、

そして、アクリルアミドは、美味い。

アクリルアミドは、食べ物を、高温で調理した時に、発生するもの。

  • 高温で調理(焼く、揚げる、炒める等) → アクリルアミドが発生。
  • そして、そのアクリルアミドが、人体に対して、どれくらい危険なのかというと、

    アクリルアミドが体に入ると、一体どうなるのか?体に悪いのか?どんな影響が?

    世界保健機関(WHO)、国際がん研究機関(IARC)は、動物実験の結果等から、

    アクリルアミドは、人間において、発がん性があるだろうと、分類していて、

    実際に、人が、アクリルアミドを、大量に食べたり、吸ったり、触れたりすると、神経障害を起こすという事が、分かっている。

    ネズミでの検査だと、アクリルアミドは、染色体の異常を引き起こしたり、

    遺伝子が突然変異したり、DNAに傷をつけたりと、もう滅茶苦茶。

    がんにもなりやすくなったりと、他にも、いろいろ。

    「アクリルアミド」に関しては、世界でも、いろんな研究がされてるんですけど、

    人に対しての、発がん性との関連性については、「有る」という研究結果もあれば、「無い」という人もいる。

    でも、トータルで見ると、やっぱり、
    影響がある、といった結果の方が多いみたい。

    しかも、体内に入った「アクリルアミド」は、

    母乳や、胎児にも、移行するとか言われてますからね。

    (アクリルアミドは、遺伝毒性、DNAへの毒性があると言われている。)

    IARC発がん性リスク一覧

    アクリルアミドが多い食べ物

    そして、次に、アクリルアミドが多く含まれる食品としては、

  • ポテトチップス、スナック類
  • フライドポテトなどの、揚げ物
  • パン類、食パンの耳など
  • 焙じ茶、麦茶、中国茶
  • コーヒーや、ココア
  • かりんとう、クッキー、ビスケット、クラッカー
  • インスタントラーメン
  • シリアル、トースト、ホットケーキ、パンケーキ
  • カレールウ、炒め野菜の調理品
  • この中でも、特に、アクリルアミドが多く含まれるのは、ポテトチップスと、フライドポテト。

    カップラーメンなんか、高温の油で、ガンガンに揚げてますからね。

    クッキーや、ケーキ、パンなどのように、高温で調理されたものも、何気に、アクリルアミドを含んでいます。

    (120度を超えると、アクリルアミドが大量発生する。)

    アクリルアミド対策として、普段から出来る事

    じゃあ、一体どうすればいいの?という事で、

    出来るだけ、普段の生活の中で、「アクリルアミド」を摂らないようにする方法としては、

  • スナックなどの加工食品は食べない
  • 揚げ物なんかも、出来るだけ避ける
  • 高温調理をしない(100度以下なら、比較的少ない)
  • 自炊をする
  • アクリルアミドに関しては、外で、そこら辺の、お菓子とかを買い食いしてないで、

    適当に、自炊してれば、そこまで気にしなくても済む話でしょ、という事もわりと多い。

    ただ、食べ物を、高温で調理した際に、発生してしまうのは、「アクリルアミド」だけじゃなくて、

    肉や魚の、直火、高温調理で出来やすい「AGEs」「ヘテロサイクリックアミン類」や「ベンツピレン類」などもある。

    加熱さえしなければ、アクリルアミドは発生しない為、

    そういった理由からも、ローフードダイエットは、とても良いと考えられています。

    こちらのブログで、ローフードダイエットを、普段の生活の中に、多少取り入れる事をおすすめしているのは、これが主な理由。

    あと、生ものって、レバ刺しでも、何でも、基本、美味いでしょと、

    でも、加熱する事で、有害な微生物の殺菌にもなるし、加熱する事で、増える栄養素があったりもするから、

    これまた、生なら、何でもいいとは言えないところ。

    そして、「アクリルアミド」は、

    麦茶、焙じ茶、コーヒーにも、意外と多く含まれるみたい。

    特に、インスタントコーヒーに関しては、

    通常の、焙煎されたコーヒー豆の、5~6倍のアクリルアミドが含まれている。

    ほうじ茶や、烏龍茶は、焙煎済のコーヒー豆よりも、アクリルアミドは少ない。

    ただ、コーヒーや、ココアなんかは、一度に摂取する量が、量的に少ないので、そこまで心配しなくても大丈夫みたい。

    衣をつけて揚げた肉類なんかは、以外と、アクリルアミドの数値としては、低いみたいだけど、

    肉の場合は、一度に食べる量が多いので、避けるにこした事はない、

    それに比べると、コーヒー、お茶なんかは、微量との事。

    別に、食べてすぐに、体に影響があるという訳ではないけれど、

    科学的にも、発がん性があるという事が分かっているわけですから、

    それをあえて、わざわざ口にしなくてもいいのでは?と、

    わざわざ、食べないにこした事はないでしょと。

    ただ、海外とかだと、フライドポテトが、ものすごく安かったりもしますからね。

    コストコに行けば、大量のフライドポテトに、デカいソーセージ、

    そして、清涼飲料水も、飲み放題と、不健康な物質のトリプルコンボ。

    とりあえず安い、美味い、そしてお腹いっぱいになる。

    AGEs」摂り放題、

    貧乏人の味方、極まりないですよ。

    貧乏人の早死には、ここら辺にも、原因があるのでしょう。

    まとめ

    そんなもん気にしてちゃ、何も食えなくなっちゃうし、人生損でしょ、というのは、まさしく、その通りで、

    個人的には、人間、食いたい物を、好きなだけ食ってればいいと思ってて、

    どうせ、最後には、人間、何も食えなくなっちゃうんだし、

    寿命が、たかだか、数年延びる位、一体何なの?と、

    実際に、寿命が延びるかどうかは、人それぞれだし、そんなの誰にも分からないでしょと、

    病気に関しては、単に、運や、遺伝的要素、性別や、人種としての要素もあるし、

    食いたい物を、我慢し続ける方が、よっぽど精神的に悪いんじゃないの?と、

    とか、何だかんだと言いながらも、僕は、普段から、アクリルアミドを避けるような生活をしてますけどね。

    後々、癌で、痛い痛いと言うのはごめんだから。

    それでも、結局、いくら、健康に気を遣ったところで、病気になっちゃう時は、なっちゃうんですけどね。

    化学、世の中はまだまだ、分からない事だらけですね。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク