普段の調理法を少し変えるだけで健康に – AGEsとは【美容対策】

シェアする

こんにちは。根岸と申します。

みなさん、「AGEs」って何だか知ってます?

恐らく、こんな言葉、聞いた事も無いって人がほとんどでしょう。

という事で、今回は、「AGEs」という、

普段、皆さんも何気に食べている、体に悪い物質について。

実は体に悪い「AGEs」って、一体何?肉、揚げ物、全て禁止?

「AGEs」 = 食べ物に、高い熱を加える事で、発生する物質

例えば、肉を高温で焼いたり、揚げたりした時にも、この「AGEs」は出ますし、

ホットケーキや、高温で揚げられたポテトチップスなども、このAGEsを多く含んでます。

焦げを食べるとガンになるよ、っていう話を聞いた事が無いですか?

あれに近いです。

じゃあ、そのAGEsが、体に入ると、一体どうなるの?どれくらい体に悪いの?

「AGEs」を体内に入れる → 血管内に溜まると → 脳梗塞や、心筋梗塞などの原因に。

病気だけではなく、シミやくすみなどの、肌トラブルの原因にもなる、おまけに、老け顔になる。

見た目が老けるのはもちろん、老けるのは、顔だけじゃなく、内臓や、血管、脳など、内面からも、全てが老ける。

ある研究によると、AGEsって、うつ病なんかにも、関連してるんじゃないの?って言われてます。

要するに、この「AGEs」というのは、体内にいる間、ずっと悪さをし続けちゃう物質って事。

(しかも、一度体内に入ってしまうと、外に出すのが難しい物質。)

ただ、ある程度の食品には、元々AGEsが含まれているんですけど、

ただ、それらを加熱する事によって、AGEsが、爆発的に増えるんですよね。

調理する際の、温度が高ければ高い程、高温調理する時間が、長ければ長い程、このAGEsは多く発生します。

  • 強い毒性を持ち、体内に入ると、排出するのがとても難しい。
  • 体内で悪さをし続け、全身の健康に、影響を及ぼす物質。
  • 「AGEs」は、体内の細胞や、分子レベルで、悪影響がある。
  • 細胞内で障害を引き起こし、アポトーシスを誘導
  • 血管系の病気、糖尿病、アルツハイマー認知症、脳卒中、心疾患などの病気の原因に。
  • AGEsが、多く含まれる食べ物

    簡単にいうと、
    糖 + タンパク質 + 加熱 = 「AGEs」

  • 肉類、特に牛などの赤身の肉
    (高温調理すると、AGEsが、ガンガンに出る)
  • 動物を、揚げたり、焼いたり、炒めたりしたもの
    (ステーキ、とんかつ、唐揚げなどなど)
  • トースト、ホットケーキなど、焼いて茶色くなったもの
    (卵白に、砂糖を加えて加熱 → AGEsが200倍に増えたという報告もある)
  • バター
  • ポテトチップス、フライドポテトなどの、高温調理されたもの
    (こいつらに関しては、AGEsだけじゃなく、「アクリルアミド」も大量。)
  • 清涼飲料水(果糖ブドウ糖液糖などは、AGEsを10倍に増やす。)
  • タバコ
  • ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉は、断トツ
    (しかも、これらは、加熱すると、発がん性物質の「ニトロソアミン」なども出てくる。)
  • 「AGEs」の量でいうと、ベーコンは最強。

    ただし、美味さも最強。

    世界保健機関(WHO)、国際がん研究機関(IARC)も、

    加工肉は、結腸直腸がんになるリスクを上げると言ってますしね。

    他にも、発がん性が認められるというものとしては、

    「アルコール」や「タバコ」「経口避妊薬(ピル)」なんかもそうみたいですね。

    あとは、台湾などで有名な「檳榔」

    僕も、これをきっかけに、アルコールをやめていこうかな…。

    IARC発がん性リスク一覧

    「AGEs」の他にも、肉や、魚を、高温で調理する時に、出やすいものとして、「ヘテロサイクリックアミン類」など、

    ホットケーキや、ポテトチップスや、フライドポテトなんかに関しては、

    AGEs以外に、「アクリルアミド」なんかも、大量に含まれますからね。

    外で食べる揚げ物なんかは論外。

    AGEsがどうのこうのという前に、まず、使われている油が最悪。

    古いどす黒い油なんか、毒、毒、毒、毒極まりない。

    じゃあ、これまた一体どうすればいいの?対策や、調理法など

    「AGEs」は、一度体に入ると、外に出すのは難しい。

    じゃあどうすればいいの?

    何か対策はあるの?という事で、

  • ソーセージなどの加工肉は食べない。
  • 揚げ物、焼き物は避ける。特に肉。
    (タンパク質と、脂肪が多いもの程、加熱すればする程、ガンガンにAGEsが増える。)
  • 低温調理 茹でる、煮る、蒸す場合、AGEsは、そこまで増えないと言われている。
    (いくら焼かないとはいっても、調理時間を、短くするにこした事はない。)
  • クッキー、ビスケット、スナックなどの、加工食品も避ける。
  • 禁煙をする。
  • 他にも、対策として、出来る事としては、

    ニンニク、ハーブ、スパイス → 悪い物質を抑える

    あとは、野菜と一緒に食べる事で、AGEsの摂取を、抑える事が出来るみたい。

    他に出来る事としては、例えば、

    目玉焼きじゃなくて、ゆで卵にするとか、何だったら生卵にするとか、

    ステーキじゃなくて、シチューにしてみるとか、

    肉は焼かずに、蒸すとか、

    僕は、自宅でサムギョプサルを食べる際には、肉を焼かずに、蒸して食べてます。

    実は、そっちの方が、脂もさっぱりして、飽きずに美味しいから、いくらでも食べれるという。

    鳥肉は、牛や、豚などの「赤身肉」に比べると、多少AGEsは低め。

    AGEsの量 = 牛 > 豚 > 鳥

    栄養 = 鳥 > 豚 > 牛

    それでもやっぱり、何だかんだと、牛肉は、栄養が豊富だから、やっぱり調理法が大事。

    今日の内容を軽くまとめると

    とりあえず、AGEsを体に取り入れないようにする方法としては、

  • 高温で、なおかつ長時間、調理をしない
  • 茹でても、AGEsは発生するが、高温調理に比べると、少ない。
  • 生だと、AGEsは一番少ない
    (なので、ローフードダイエットを参考にする事も、おすすめ)
  • AGEsを避ける事は、健康以外にも、アンチエイジング、美容にも効果的。
  • AGEsを食べる時は、野菜も一緒に、沢山食べるようにする。
  • あと、普段の調理法を、ほんの少し変えるだけでも、結構痩せますからね、

    ほんのちょっとの手間で、体にも優しくて、おまけに痩せるっていう、

    こんな素敵な事って、無いでしょう。

    一度、お試しあれ。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク