【シェアハウス攻略】探し方,メリット,デメリット,友達作り,出会いなど

シェアする

シェアハウスに興味のある人
シェアハウスって、何か、毎日楽しそうなイメージだけど、

一体、どんなシェアハウスがあるんだろう?

一体、どんな人が住んでるんだろう、怖い人とかいないかなぁ?

人見知りだから、人と仲良くなれるか心配だなぁ、

一人暮らしと、シェアハウスって、具体的に、何が違うんだろう?

今回の記事の内容は

  • シェアハウスの特徴、準備について
  • シェアハウスに住む、具体的なメリット、デメリットについて

こんにちは。根岸と申します。

私は、今現在、日本と海外も含め、シェアハウス生活もかれこれ、5年目に突入してしまいました。

今回は、今後、シェアハウスに住もうと考えている人向けに、

シェアハウスの特徴や注意点、シェアハウスに住む、メリット、デメリットを紹介。

【シェアハウス攻略】シェアハウスの選び方 メリットや、デメリット 出会いなどについて

シェアハウスの特徴

まず、シェアハウスの大まかな特徴についてですが、

例えば、一軒家タイプのシェアハウスを複数人で、シェアするものから、

200人単位の人達が住む、大型のシェアハウスと、とにかくいろいろ、

特に、大型のシェアハウスになると、建物自体が大きい為、設備として、

大浴場や、豪華なシアタールーム、勉強部屋、読書スペース、ジム、音楽スタジオなどが、併設されている事が多い。

他には、キッチンだけが共同で、それ以外は、自分の部屋についているといったパターンもあります。

シェアハウスの、一般的な部屋のタイプ

シェアハウスの部屋のタイプとしては、大まかに分けるとこんな感じです。

ドミトリータイプ

一つの部屋に、2段ベッドがいくつか置いてあるようなタイプの部屋。

プライベート空間は、もちろん少な目。

メリットとしては、とにかく安いという事。

コンパートメントタイプ

カプセルホテルみたいなイメージ。

ベッドと、テーブルが置いてあるだけの、小さな部屋だったりもする。

セミプライベート

一つの大きめの部屋に、いくつかの壁で仕切って、無理やり個室風にしている感じ。

プライベートは、一応あるが、壁で仕切ってあるなので、あまり大きな音を出したりは出来ないかも。

個室タイプ、シングルルーム

こちらが、シェアハウスとしては、一般的。

部屋に、ベッドや、テーブルや、冷蔵庫など、

一通りの家具は揃っているので、カバン一つで、引越、生活が可能。

トイレや、キッチン、お風呂、シャワールームは共用。

その他に、シェアハウスの建物のタイプとしては、

アパートメントタイプ

トイレや、キッチン、シャワールームなどが、部屋に設置されていて、ほぼ、完全なプライベートルーム。

大型シェアハウス

100人、200人単位の人が住んでいるシェアハウス。

設備が豪華な物件が多いのも、特徴の一つ

部屋は、個室で、トイレや、お風呂などは共用の場合が多い。

といったようなものがあります。

当ブログ管理人
ちなみに私が住んでいるのは、大型シェアハウスのタイプで、

夜は毎日、大浴場に浸かりながら、のんびりと過ごしています、

もちろん、部屋のエアコンも使い放題です。

入居の際に必要なもの

保証人が必要ないパターンがほとんどな為、必要なものは特になく、

一通りの家具は、部屋に備え付けられている事が多いです、

基本的に、ベッドやテーブル、クローゼットに、冷蔵庫などは、部屋に常備されています。

2人で住む事は可能か?

ほとんどの会社が、友達や、恋人と一緒に同じ部屋で住む事を許していなくて、

私の知る限りだと、2人入居が可能な物件というのは、オークハウスのみです。

どんな人達が住んでいるか?

日本人はもちろんの事、外国人も多く住んでいる物件もあります、

物件によって、人種や年代はまちまちで、入居の際には、どれ位の割合で、外国人が住んでいるか?

男女比なども、入居前に、あらかじめ知る事が出来ます。

基本的に、シェアハウスに住むという人は、人当たりが良く、とてもフレンドリーで優しい人が多いです。

シェアハウスに住む良い点、メリット

  • 基本的に、敷金、礼金無し
  • 家賃に、光熱費、インターネット料金も全て含まれる
  • 家具も備え付け、バッグ一つで入居、生活する事が可能
  • いろいろな人が住んでいる為、いろんな話や、経験談が聞けたりと、いい刺激になる
  • いろいろな外国人と、友達になれる
  • 外国人も沢山住んでいる為、無料で、語学の勉強が出来る
  • 考え方や、価値観が変わり、視野がとても広がる
  • 物件によっては、一人暮らしでは、到底用意出来ない設備なども沢山ある

    (大浴場や、ジム、シアタールーム、防音音楽スタジオなど)

  • お風呂や、トイレの掃除をする必要が無い
  • 物件によっては、家賃の割引や、キャンペーンなど、いろいろとやっている
  • 物件によっては、仕事をくれたりもする
  • 年齢層や、人種、コンセプトなど、物件によってさまざまなので、自分で年齢層を、選んで住む事も可能。
  • 職場の場所等にあわせて、住む場所を決める事が出来る
  • 外国人の彼氏、彼女が出来やすい
  • いろいろな国の文化や、料理を学べる。異文化交流。
  • 素敵な情報や、面白いビジネス話を、シェアしてもらえる機会も増える
  • 住人から、いろいろな話が聞ける為、様々な事に対しての、知識が豊富になり、見解が広がる
  • 料理上手になれる
  • 住人からの、いろいろなお裾分けや、お土産などを貰える機会が増える
  • シェアハウスに住む悪い点、デメリット

  • いろんな人との会話が、とても増える為、あまりに、キッチンやラウンジなどで、長い間、話し込んでしまうと、気付けば自分の時間が無くなってしまう。

    (ですので、意思の弱い人は、しっかりと自己管理をする事が重要)

  • 人と話す事が苦手な人には、厳しいかも(大規模なシェアハウスなら、人と会わずに住む事も可能)
  • キッチンなどの共有スペースで、他人と顔を合わせるのが苦痛、というような方にも無理
  • トイレや、お風呂、洗濯機、食器など、他人と、いろいろなものをシェアするのが辛いといったような人にも無理
  • 建物の管理人、マネージャーが雑な場合がある
  • 中には、気の合わない住人もいるかも
  • 小さいこじんまりとしたシェアハウスで、管理人も一緒に住んでいないような建物になると、

    たまにマナーの無い住人と出くわした時なんかは、トラブルの原因に、

    (マネージャーが同じ物件に住んでいれば、相談をする事も可能)

  • シェアハウスを選ぶ際の注意点

  • 男女比、年齢比、人種の比率等を、前もって確認しておく

    (インターネット上に、そういった情報載せている会社もあるし、電話をして確認する事も可能)

  • 下見は、一度位はしておくべき

    (どんな人が住んでいるのか、キッチンやトイレはきれいに使われているかなどの確認)

  • 家のルールや、決まり事も、あらかじめ確認しておく
  • 最後に、まとめ

    シェアハウスでの生活は、一人暮らしをしながら、生活をしていく事と比べても、大きな違いがあります。

    他人と共有部をシェアする、トイレやキッチンも共用なんか、とても耐えられない!という方は、

    初めから、シェアハウスに住む事は、あまり考えない方がいいでしょう。

    ただ、シェアハウスに住む事でしか、味わえない楽しさや、メリットも沢山あります。

    シェアハウスは、外国語を勉強している人達にとっては、本当に良い環境で、

    いつでも無料で、外国人と話すことが出来ますし、分からないところは、相手に質問したりも出来ます。

    普段、生活をしていては、出会えないような人達とも、シェアハウスでなら、出会える確率が、かなり上がります。

    実際に、シェアハウス内での会話の中で、ビジネスチャンスにつながったり、恋人が出来たりと、

    そういったパターンは、とても多いですからね。

    とても、おすすめです。

    人生が変わるレベルです。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク