【家庭菜園初心者 おすすめ】元が取れる野菜 手間いらずで楽な野菜

シェアする

家庭菜園初心者
家庭菜園って、難しそう、

育てた事もないし、知識もないし、

いろいろ道具を揃えたり、手間がかかって大変そう

結局、野菜を育てても、買った方が安いんじゃないの?

こんにちは。根岸と申します。

今回は、自宅で誰にでも簡単に、そして、初心者にもおすすめの家庭菜園という事で、

農業系の学校を卒業した、この私が、全く手間いらずで、育てるのも、とても簡単、

そして、コスパの良い、経済的な野菜について、お教えしましょう。

自宅で誰にでも簡単な家庭菜園、手間いらずで、元が取れる野菜

「家庭菜園」とは、自宅もしくは、自宅のベランダで、自分で野菜を育てて、美味しく食べましょうというもので、

意外と、みなさん興味が無いだけなのか、ただ単に、やり方を知らないだけなのか、

自分で野菜を育てるという事に対して、何やら難しそうに考えている人が多いように思えます。

まず、家庭菜園をするのに、必要なものは、

  • 農園用の土(培養土)
  • 100均に売っているプランター
  • これだけ。

    余計な肥料なんか、そんなものは、まず初心者には、必要ありません。

    土も、大量に入って、数百円で売ってますし、

    プランターも、100円で、いろいろな大きさの物が買えます。

    重くて買いに行くのが面倒だから、届けて欲しいという事でしたら、

    アマゾン辺りに、お願いしてもいいでしょう。

    実際、野菜によっては、何も手をかけずに勝手に育ってくれるものも数多く、

    その中でも、特に簡単で、誰にでも育てる事が可能な野菜が、ハーブ系の野菜になりまして、

    自宅のキッチンや、ベランダなど、どこでも栽培可能な野菜の中で、初心者におすすめなものとしては、

    青ネギや、大葉などが、とても簡単で、いろいろな場面で使いやすく、有用かと思います。

    今回は、これらの野菜について、自宅で誰でも簡単に出来る家庭菜園という事で、具体的な方法を紹介します。

    スーパーで買ってきた野菜の根を、そのまま土に植えて、自宅で簡単に育てる方法

    スーパーに行くと、本当にいろいろな野菜が置いてあるかとは思うのですが、

    たまに、野菜の根っこを、短くカットされずに、長いままで売られている事があります。

    そういった野菜を、スーパーで見つけた際には、チャンスですので、今回紹介する方法は、ぜひ、覚えておいて損はないです。

    青ネギ

    まずはスーパーで、このように、根っこがある程度長く残された、カットされていない青ネギを買ってみて下さい。

    後は、調理の際に、ある程度使った後、いらなくなった根っこを捨てずに、

    その根っこ部分を、そのまま土の中に植えるだけ、

    とても簡単ですよね?

    食べた後、根っこを土に植えるだけ。

    緑色の、葉っぱの部分は、数センチ程、地面から出ていれば十分でしょう。

    何だったら、最悪、コップに水を入れて、そのまま根っこの部分を水の中に入れておけば、あとは勝手に育ってくれます。

    そのまま数日もすれば、また新しい青ネギが、段々と伸びてきますので、

    あとは、伸びる度に、その都度、上の方を切って食べるだけ。

    大体スーパーで売っている青ネギは、大半が、このように、根っこを短くカットされています。

    こういった青ネギは、いくら土に刺しても、なかなか大きくは育ってくれません。

    青ネギは、料理をする際にも、とても活躍の場が多い野菜ですので、

    もし、スーパーで、根っこの長いものを見つけた際には、ぜひ一度、買ってきて、自宅で育ててみて下さい。

    通常は捨てられる部分が、また復活して、永久に食べる事が出来るという、

    コスパ最強、手間いらず、

    とても簡単に、いつでも無農薬野菜が、無料で食べ放題です。

    大葉、青じそ

    大葉(青じそ)に関しては、スーパーで売られているものを、そのまま土に植えたところで、全く育ってはくれません。

    ですので、大葉に関しては、近所のホームセンターや、地域によっては、

    スーパー等にこういった、大葉の苗が販売されているかと思います。

    これらに関しても、地域にもよると思いますが、大体こういった苗が、100円~200円程度で売られていますので、

    それを何かしら、そこら辺の適当な、大きめの鉢、プランターに移し替えるだけで、

    あとは、適当に水を上げていれば、あとは勝手に、ガンガン育ってくれます。

    植木鉢、プランターも、100円均一に行けば、いろいろなサイズのものが売っていますし、

    家庭菜園用の土も、安くて、100円程度から、かなり大量に手に入れる事が出来るでしょう。

    (大抵の土には、元々ある程度の肥料がふくまれていますので、わざわざ別で、肥料を買い足す必要も無いでしょう)

    大葉に関しては、比較的、育つスピードが早く、スーパー等で買ってきたものと比べても、

    味も香りも、段違いなので、とてもおすすめで、育てるのも簡単です。

    バジル


    あとは、パスタや、イタリアン好きな方には、バジルなんかも、とてもおススメです。

    スーパーで買うと、量も大して入っていないくせに、値段も、何気にしますし、

    バジルも、ハーブの一種なので、基本は、ほったらかしにしていても、勝手に育ってくれます。

    コリアンダー(パクチー)

    あとは、スーパーで売られているものとしては、コリアンダー(パクチー)なんかもおすすめです。

    僕は、グリーンカレーを作ったりする際には、パクチーの根っこごと、刻んでガンガンに入れちゃいます。

    パクチーは、可愛い花も咲かせますし、その後に出来る種(コリアンダーシード)なんかも収穫出来て、とても可愛げのある野菜です。

    家庭、ベランダ等で、野菜を育てる際の注意点

    ハーブ系の植物に関しては、何も手を加えなくても、土に植えるだけ、

    もしくは、水につけておくだけで、あとは勝手に、ガンガン育ってくれますので、

    自分の手を煩わせる事なく、初心者でも簡単に育てる事が出来ます。

    ただ、自宅で犬を飼っている方は、その子たちに全部、

    根こそぎ食べられないように、気を付ける必要があるかもしれません。

    僕の今までの経験上、犬は、どうやら大葉が好きな子が多いみたいです。

    ハーブ系の野菜に関しては、育てるのがとても簡単な為、あまり細かい事を気にする事はないのですが、

    出来るだけ、日の当たる所に置いておいた方が、育つスピードもかなり変わってきます。

    あとは、水のあげ過ぎ、もしくは、全くあげないという事になると、野菜が、萎れてしまう事もあります。

    土を触ってみて、乾いてきたかな、というタイミングで、再度、水をあげれば、丁度いい位なのではと思います。

    まとめ

    今回の内容を簡単にまとめると、

    • 根がカットされていない野菜を選ぶ
      (青ネギや、大葉に限らず、根っこが長く残った野菜なら何でも)
    • 水に浸す、もしくは、土に植える
    • あとは、待つだけ
    • 収穫する時は、ある程度の葉っぱを残して取る
      (植物は、葉っぱが無いと、育つことが出来なくなる)

    農薬だらけの、もしくは、どこでどんな風に栽培されたのかも分からないような野菜を食べるよりかは、

    自分で無農薬で育てた、可愛い野菜を、安心して食べた方が、肉体的にも、精神的にも、とても良いでしょう。

    しかも、簡単で、尚且つ無料。手間といえば、たまに水をあげるのが面倒な位。

    観賞用にもなって、とても可愛いですし、自宅にベランダがある人は、ぜひ試してみるといいですよ。

    冷ややっこの上に、刻んだ青ネギと、とても香りのたつ新鮮な大葉に、

    生姜でも、すって乗っけて食べれば、本当に幸せになれる事、間違いなしです。

    大葉も、青ネギも、ちぎっても、ちぎっても、後からまた、いくらでも生えてきますからね。

    水をあげるタイミングは、植えてある土が乾いてきたかな?と思ったタイミングであげれば十分です。

    あまりにあげ過ぎても、野菜にとっては、良くないですからね。

    個人的には、自分で育てた野菜というのは、そこら辺の観葉植物なんかよりも、とても可愛く思えます。

    育てて食べれるという事もあって、とても愛着が湧きます。

    新鮮で、とても美味しい無農薬野菜。

    野菜好きな方、節約好きな方、世話好きな方は、ぜひ一度、自宅で、野菜を試しに育ててみて下さい。

    あまりの簡単さに、家庭菜園、ミニ農業にハマる事、間違い無しです。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク