【コンビニ飯でダイエット】ラーメンを食べる時はノンフライを選べ

シェアする

夜中に、急にお腹が空いて、料理を作るのが面倒な時、そんな時ありますよね、

そんな時、近所にコンビニがあると、本当に便利だなぁ、思います。

急にお腹が空いて、今すぐに何かしら食べたい、でも今、ダイエット中だし、

でも調理をする時間も勿体ないし、まず面倒くさい。

そんな時に、セブンイレブンで手に入る、ダイエット飯(ラーメン)をご紹介します。

調理時間もほとんどかからず、非常に簡単、そして、とても安いです。

それが、一体、何かというと、

セブンイレブンで販売されている、セブンイレブンのブランドの「とんこつラーメン」。

僕は、ラーメンが大好きなのですが、普段、あまり必要以上に、脂質を極力取りたくない方なので、

出来るだけ、コンビニや、スーパーで、カップラーメンを買う事は、避けています、

しかし、セブンイレブンの、とんこつラーメンに関しては、

脂質がたったの7.6gしか含まれていないのです。

他の商品と比べてみても、普通の「うどん」や「そば」などの方が、多く、脂質が含まれています。

最近のライザップから出てるラーメンでさえも、このとんこつラーメンの倍近く、もしくは、それ以上の脂質が含まれてます。

それではなぜ、普通の「うどん」や「そば」よりも、

特に脂を含んでそうな「とんこつラーメン」の方が、脂質が少ないのか?

その理由は、セブンイレブンの、とんこつラーメンは、

スチームノンフライ製法」で作られているんですね、

いわゆるノンフライ麺です。

他にも、セブンイレブン内で、ノンフライ製法で、作られている商品を、軽く探してみたのですが、

セブンイレブンでは、こちらの「とんこつラーメンのみ」しか見当たりませんでした。

私は、とんこつラーメンが大好きなので、こちらの商品は、とてもありがたいと思い、たまに購入させて頂いています。

こちらの商品には、付属の「調味脂」がついているのですが、

私、個人としては、その付属の油を、入れない味も好きです。

この脂を入れなければ、もっと余計な脂質を省く事が出来ます。

この油を、中に入れてしまうと、これまた、デブまっしぐらです。

今回は、要するに、どうしても、夜中にカップラーメンが食べたくなった時は「ノンフライ麺」を食え!という事。

ダイエット中は、最低限、そのくらいは、気を遣いなさいデブ共、という事。

そして、食べ終わった後に、セブンイレブンのおにぎりでも入れて、混ぜて、一緒に食べれば、

お腹も、ある程度は、いっぱいになるかと思います。

とても簡単で、安上りの、ダイエットメニューの出来上がりですよ。

もっと欲を言えば、おにぎりをスープに入れる前に、一度、レンジでチンすれば、

スープと混ぜた際に、スープを冷やす事無く、

温かいまま、食べる事が出来ますね!

おにぎりの「のり」は別で、バラバラにして混ぜるも良し、

とんこつラーメンの中に、梅おにぎりを入れて混ぜれば、

梅の酸味が、とても良いアクセントになります。

ラーメン好きのダイエッターには、ぜひ、試していただきたいですね。

おにぎりとラーメンで、合計300円とかからず、

非常に、簡単に、そして、美味しいご飯を、一瞬で作る事が出来る。

もしも、本気でダイエットを考えているという事でしたら、

ラーメンは食べないに、こした事は無いかとは思いますが、

やはり、たまには何も気にせずに、とんこつラーメンを、食べたくなる事もあります。

そういった場合は、我慢して食べずにストレスを溜め込むよりも、

こういった少しの工夫をしながらでも、好きな物を食べてホッとする、

という考えも、ありなのではないかと思います。

ぜひ、お試しを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク