日光浴で健康に, うつ予防だけじゃない 効果, メリットなど【太陽の光を浴びる】

シェアする

こんにちは。みあ(@malg_tw)と申します。

今回は、太陽、日光浴など、陽に当たる事の重要性について、

みなさんは、普段から、十分に、太陽の光を浴びていますか?

もし、日頃から、十分に太陽の光を浴びていないと、今後、様々な病気にかかるリスクが上がってしまうかもしれません。

という事で、本日は、普段から、太陽の光を十分に浴びる事で、様々な病気を予防する事が出来るのでは?という事について、軽くまとめてみました。

日光浴で健康に、うつ予防以外の効果、メリット、太陽の光を浴びると体内でビタミンDが作られる

まず、外に出て、太陽の光を浴びる事により、体内で「ビタミンD」という物質が作られます、

もしも、この「ビタミンD」が、体内で不足すると、どういった病気にかかりやすくなるかというと、

  • がんの発症率が上がる
  • 心不全や、心筋梗塞などの、
    心疾患の死亡率も上がる
  • 高血圧や、動脈硬化
  • 骨粗しょう症
  • 鬱病などにも、かかりやすくなる

と、他にも、いろいろな病気の要因になる事が分かっています。

過去の調査で、ビタミンDが、人間の体にとって、どういった役割をしているのかという事を調べた結果、

実質的に、ビタミンDが、全身の細胞や、組織や臓器を制御している、という事が分かったそうで、

ビタミンDには、体内の免疫システムを活性化し、バクテリアや、ウイルスを殺す「ペプチド」を生成し、

筋力、忍耐力、バランス感覚、運動能力までをも向上させる役割があるようです。

ビタミンDって凄いんです。

その他にも、太陽の光を浴びる事で得られるメリットとしては、

  • セロトニンと、ドーパミンが増える

実際に、寒い地域や、太陽があまり当たらない地域に住んでいる人が、

心臓系の病気で命を落とす確率は、通常の人と比べても、30~50%程高くなるそうです。

地中海沿岸や、南ヨーロッパ地方(太陽が、比較的よく当たる地域)に住む人たちの、心疾患にかかる割合は、かなり少ない様子。

実際に、日光の少ない地域だと、癌や、インフルエンザ、自閉症等が増える事が分かり、

特に、それらの病気は、陽が当たる時間の少ない、冬に多くなるという事が分かりまして、

赤道から遠ざかれば遠ざかる程、それらの病気が増えていくという傾向が見られたようです。

ただ、現代人のライフスタイルを考えると、なかなか陽の光を浴びる事が、少なくなってきているとは思います。

(人間の体にとって、1日に必要な「ビタミンD」のほとんどが、太陽の光を浴びる事によって作られる)

ちなみに、屋内、室内で窓越し(ガラス越し)に、日光に当たったとしても、ビタミンDは生成されないとの事、

ですので、冬場は、特に、ビタミンDが、不足しがち、

普段から意識して、日光浴をするという事が、とても重要なんですね。

ビタミンDが豊富に含まれる食べ物は何か?

とはいっても、普段、陽に当たる時間なんか、なかなか取れないという方もいらっしゃるかとは思いますので、

そういった方は、やはり食べ物等から、出来るだけ意識して摂取していくしかないのでは?と思います。

そこで、今回ビタミンDが、豊富な食べ物を紹介すると、

魚類、その中でも特に、手に入れやすいものとしては、にしん、鮭、マス類や、サンマ、イワシ等、

しらすや、目刺し、煮干しなんかも、比較的、割と多め、

乾燥きくらげ、あん肝なんかには、特にビタミンDが、桁違いに多く含まれている様子。

果物類に、ビタミンDは、ほとんど無し。

豆類にも、ビタミンDは、ほぼゼロ。

しいたけは、太陽に当てると、通常よりもビタミンDが増加する様子。

ビタミンDを摂り過ぎる事による注意点、1日の摂取量の目安

人間の体にとって、ビタミンDが、とても重要な栄養素になるという事で、

ビタミンDを摂取する事によって、私達の体にとっても、とても多くのメリットがあるのですが、

ただ、ビタミンDが体に良いからと、サプリメントなどから、

むやみやたらに、ガンガンに摂取しまくっても、体には良くないですよ、という話もあり、

血液中のビタミンDの濃度が高い程、膵臓癌の発生率が高まってしまう、という関連性も指摘されていまして、

あまりにもビタミンDを摂り過ぎると、これまた、人体にとって有害となってしまい、体には良くないとの事

適正摂取量の目安とされているのは、最近言われているところだと、大体1日、3000IU(75µg)程度

(食品栄養委員会(FNB)は、成人に対してのビタミンDの適正摂取量、1日600IU(15µg)程度を推奨)

1日に10000IU以上を摂ると、さすがに、体に害が出るらしい。

身体は、自分自身の体で、生成するビタミンDの量を、制限することができるため、

日光に当たり過ぎたからといって、それが原因で、ビタミンD中毒になるという事はないそうで、

通常、ビタミンDを過剰に摂り過ぎる原因というのは、ほぼ、例外なく、

ビタミンDのサプリメントの過剰摂取よるものだという事。

何でも、ほどほどが一番で、偏るのは、何事に対しても良くないという事ですね。

ちなみに、私が飲んでいるビタミンDのサプリメントは、

5000IUなので、ちょっと多めですね。

まとめ

という事で、今回の内容を簡単にまとめると、

  • 普段から意識して、日光浴をする事によって、いろいろな病気を防げるかも
  • 魚はビタミンDが多めなので、すすんで食べるようにする
  • 冬場は、ビタミンDのサプリメントなんかもいいかもね(ただし、摂り過ぎには注意)

世のサラリーマンなんか、日に当たる機会なんか、ほぼほぼ無いでしょうし、

朝は電車移動で、会社に到着してから、仕事が終わるまでの間、日の当たらない室内で黙々と仕事、

頻繁に、太陽に当たってないと、鬱っぽくもなりますし、何もいい事は無いですよね。

自分では気付かない内に、鬱病、不健康まっしぐらですよ。

ビタミンDで心疾患、がん予防、美肌キープ。

お昼も、太陽の下、どこか近所の公園などで、気分良く、外でのんびりとご飯を食べるというのも悪くないと思います。

日光浴で、ドーパミン、セロトニン、ドバドバですよ。

肌や見た目ばかりでなく、内臓や血管等、中身からいつまでも若々しく生きたいものです。

常日頃から、陽に当たっている人は、基本的に長生きな人が多いような気がしますね。

ただ、あまりにも、皮膚を傷めたりする位に、ガンガンに日焼けだけしても、何のメリットもありませんし、

ただただ、皮膚や肌を痛めつけるだけ、という事になってしまいます。

何事も、やり過ぎず、程々に、というのが重要ですね。

僕自身も、毎日、太陽の光を意識して、時間さえあれば、

出来るだけ積極的に、太陽の光を浴びるようにしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク