バンクーバーのいいところ【ワーホリ, 留学におすすめ 治安も良い】

シェアする

今回は、僕が以前住んでいた、カナダのバンクーバーについての、良い部分と、悪い部分の紹介という事で、

今現在、ワーキングホリデーでどこに行こうかなぁ、などと悩んでいる方にも、多少は、役に立つ情報もあるのではないかと、

やっぱり、住んでみて、初めて分かる事も、多々、ありますよね、

今回は、ひいき目無しに、カナダのいいところと、悪いところ、

そして、ワーキングホリデーをする際に、カナダをおすすめする理由を、いくつか、挙げていきたいと思います。

僕の個人的な意見としては、ワーキングホリデーで、

もし、一つだけ、英語圏の国を選べるとしたら、間違いなくカナダです。

そして、2位に、オーストラリア。

理由としては、僕自身が、旅行好きである為、例えば、カナダのワーホリ中、もしくは、終了後、

そのままアメリカや、メキシコ、南米等の、他の地域に、旅行に行ったり出来るから、

しかも、カナダからだと、南米行きの航空券がかなり安いです、

日本から南米までだと、かなり遠く、なかなか行く気にもなれませんからね。

あとは、英語がキレイという事、
(映画で流れている、英語のほとんどがアメリカ英語な為)

あと、個人的に、僕は、ブリティッシュ英語が、あまり好きではない為。

ただ、ビーチ好きな方は、やはり、カナダよりも、オーストラリアを選んだ方が、断然いいでしょうし、

今現在、貯金があまりないという人も、まずは、オーストラリアに行ってみるのがいいのでは?と思ったりもします。

オーストラリアは、アルバイトの最低時給が高いので、ある程度、貯金がしやすいし、

オーストラリアで稼いだお金を持って、別の国に、ワーホリで行ってもいい訳ですからね。

とにかく、田舎で、自然たっぷりなところでのんびりとしたい、という事でしたら、

ニュージーランドで、毎日ワインを飲みながら、ラム肉三昧というのもあり。

きれいで可愛い、ニュージーランド女子と戯れながら、羊の群れを眺めるのも、良いでしょう。

人によって、趣味や嗜好、目的、求める物が違うとは思いますので、

今回は、個人的に思った、カナダに住んでみて思った、バンクーバーのいい部分と悪い部分をいくつか、ご紹介。

住んでみて思った、バンクーバーのいいところ

  • いつでも気軽に、アメリカに行ける。
  • (東海岸なら、ニューヨークに行くのも比較的簡単、もしくは、カナダの他の大きな都市にも行ける。

    バンクーバーからでしたら、シアトルなんかも、割と近いです。バスで数時間程度。)

    なので、アメリカ好きにとっても、割と最高、雰囲気や、町並みも、割とアメリカ。

  • 映画やドラマの撮影地となっている場所が、とても多い。
  • (いろいろなドラマや、映画の撮影で、バンクーバーは、頻繁に利用される。)

    ちなみに、僕が好きな映画は、「THE INTERVIEW」という、

    僕が愛してやまない、北朝鮮の、金正恩国家主席について書かれた映画なのですが、

    その映画の監督が、バンクーバー出身の、セスローゲンという、僕のお気に入りの俳優兼、映画監督。


    ちなみに、この映画の撮影地も、バンクーバーです。

  • 移民だらけの街の為、いろいろな国々のレストランがある。
  • インド系、中華、ベトナム、韓国料理など、とにかく盛り沢山で、しかも美味い。

    ワーキングホリデー初心者の方で、英語が全く話せないという方でも、

    そういったレストランが、街中の至るところにある為、最悪仕事に困る事は無い。

  • 日本食もいつでもどこでも。
  • (町中には、ラーメン屋等も多く、ダウンタウンには、牛角も、日系スーパーもあり。最近は、無印も出来たらしい。)

  • 元々が、移民だらけなせいか、店員や、銀行の職員達も、とても親切にいろいろと教えてくれる。
  • (差別は、まず無いと考えてもいいのでは?)

  • アジアフェチには、とてもいいかも。
  • (とにかく、アジア系の人間が多過ぎ。ダウンタウンに至っては、恐らく、白人よりも、アジア系の人間の方が多いのでは?と思う位。)

  • 自然がたっぷり。自然好きには最高。
  • (野生のウサギが、沢山集まった公園なんかもある。)
    バンフや、ウィスラーなんかも、割と有名ですね。

  • 実は、そんなに寒くない。
  • (真冬でも、東京の真冬の気候と、そんなに違いが無い位。東海岸は、マイナス20度以上の世界。)

    夏は気候も良く、過ごしやすい。
    日が暮れるのが、とても遅い。(夏場は、夜の10時過ぎまで明るい。)

  • 人々が、とてもフレンドリー。
  • (アメリカ人は、更にフレンドリー。)

  • 英語がキレイ。
  • (アメリカ英語が好きな方は、カナダに行かない理由が無い位。)

  • ラスベガスや、ロサンゼルス、メキシコ等も、比較的行きやすい為、旅行もしやすい。
  • (南米も、アメリカ経由で、ひとっ飛び。安くて、片道3~4万円程度。)

  • 同性愛者、LGBTに優しい。
  • (そういった街や、通り、バー、クラブなどが盛りだくさん。)

  • タイ麻ー天国
  • (至るところで、普通に購入可能だし、常時、数十種類の品種が販売されていて、しかも安く、クオリティも素晴らしい。)

  • 無料の英会話学校、もしくは、言語交換や、交流会に参加できる場所が、沢山。
  • 治安がとても良い。
  • (女性の一人歩きも、特に問題は無い様子。)

住んでみて思った、バンクーバーの悪いところ

  • 冬は、雨が多い。
  • (雨が、少ない年もある。)
    土砂降りという事は、あまり無い。

  • 真夏なのにも関わらず、海の水が、冷た過ぎてまるで氷のよう、泳ぐのはまず無理。
  • (ビーチ好きの僕からすると、ここら辺は、結構マイナスポイント。)

  • お酒に厳しい。
  • カナダでは、外でお酒を飲んではいけない。もし見つかったら罰金。

    コンビニや、スーパーにもお酒が置いていない為、わざわざ酒屋さんまで、買いに行く必要がある。

    (僕は、カナダに住んでいたおかげで、日本にいた頃と比べても、お酒の量がかなり減りました。)

  • バンクーバーは、物価が高い。
  • 北米の中でも、最も高い都市として知られているらしい。

  • 物価が高いわりに、給料は安い。
  • (最低時給が、日本円で1000円程。)

  • 思ったよりも田舎。
  • (大都会を期待して来ると、とてもガッカリする可能性もある。)

  • チップ文化がある。
  • (大体、全体会計の10~15%を支払う必要があり、面倒くさい。)

最後に

何だかんだと書いてはみましたが、意外と思ったよりも、悪い部分、住むデメリットが少なかったですね。

カナダは、外国人からしても、とても住みやすい国の内の一つで、

差別も無く、いろんな文化が、入り交ざっている国でもあります。

特に、食に関しては、本当に素晴らしく、いろいろな国の料理を、いつでもどこでも楽しめる事が出来るでしょう。

今現在、どこの国で、ワーキングホリデーをしようか、などと悩んでいる方も、

ぜひ、カナダを検討してみてはいかがでしょうか?

でも、やはりビーチ好きに関しては、オーストラリア一択、になるかとは思いますので、

留学の、目的に合わせて、渡航先を決めるのが良いでしょう。

ワーキングホリデービザは、1つの国にあたって、1度しか取る事が出来ません。

それぞれの国の良さや、悪さもありますので、じっくりと考えて、後悔の無いように、楽しく過ごせるといいですね。

その為の、下準備も、ある程度は、重要になってくるかとは思いますので、

いろいろな人達の話を聞き、じっくりと、検討してみて下さい。

かけがえのない、一生の思い出になる事、間違い無しです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク