未熟児、胃下垂で少食の元クソガリの僕が, 一瞬で細マッチョになった方法

シェアする

こんにちは。根岸と申します。

いくら食べても食べても、太らなくて困っているという方、

ガリガリで、人前で、裸になるのに、ちょっと抵抗があるという方、

これから筋トレを始めて、夏までには、ムキムキで、素敵な、モテボディに、なってやろうかと考えている方、

そんな方に、この元クソガリで、未熟児だった僕が、間違いなく太れる方法を教えます。

それは、筋トレと十分な食事、これだけです。

しかし、今回は、これに加えて、もっと確実に、効率的に太れる方法、というものを、こちらでシェアしたいと思います。

何なら、筋トレ抜きで、十分な食事や、栄養を摂るだけでも、太る事は、十分に可能かとは思うのですが、

それだと、単なるデブになってしまいますし、筋トレをしながら、

沢山の栄養を摂っていった方が、体を作るにあたって、質も効率が良いかと思います。

まずは、自分が1日にどれだけ食べているかを知る事から

まず、筋トレを始めて、最初の数ヶ月間は、

自分でも驚く位に、ガンガンに、体重が増えると思います。(きちんと栄養を摂っていた場合)

僕は、筋トレを始めて、最初の頃は、MyFitnessPalと0いう、携帯のアプリで、栄養管理をしていました。

自分で、一日に、どれだけのカロリーや、タンパク質を摂っているのか、というものを、

毎日計算しながら食べるようになって、そこで、初めて気づいた事が、実は、自分がそこまで大食いではなかったという事、

それまでは、自分では、普段から、かなり食べている方だと思っていたのですが、

実際に、カロリー等を計算してみたところ、

意外と、一日の摂取カロリーが、少なかったという事、

自分でしっかりと、自分の食事内容を、計算をしてみて、

その時になって、初めて気付いたというやつですね。

食っても食っても太らないというのは、あれは嘘です。

実際に、自分が普段摂っている食事の量を、計算してみれば分かります。

僕は、未熟児で生まれて、つい、ここ最近まで、太るという事とは、全くの無縁の人生でした。

筋トレを始めて、食事を意識するまで、自分は胃下垂で、

食べても食べても太らない体質なんだなぁと、ずっと思っていました。

(それでも、やはり、人と比べても、太りにくい体質だとは、未だに思う。)

ですので、体重を増やしたいという場合には、

普通の人以上に、食事を工夫して摂る必要があるんですよね、

MyFitnessPalは、本当に便利で、アプリについている、バーコードリーダーで、

スーパーに並んでいる商品のバーコードを読み取るだけで、いろいろな栄養素を、自動で割り出してくれます。

身長や体重を入力する事によって、一日に、摂るべきカロリーや、栄養素なども、勝手に計算してくれますし、

それ以外にも、いろいろと、便利な機能がついていますし、無料なので、ぜひ使ってみて下さい。

マルトデキストリン(粉飴)と漸進性過負荷の原則で、重量を意識

筋トレを始めた、初期に関しては、本当に、すぐに筋肉がつきやすく、

最初の数ヶ月の間で、7~8kg位、体重を増やす事は、比較的簡単です、

僕は筋トレを始めて、最初の3ヶ月間で、体重が8kg程増えました。

(しかも、体重が8kg増えていたのにも関わらず、体脂肪は減っていた。)

ただ、最初の3ヶ月を過ぎた辺りから、徐々に体重が増えなくなり、

それから、約1年位は、全く体重を増やせずに、悶々とする生活をしていました。

筋トレを始めて、ある程度の期間が経って、筋肉が、ある程度の刺激に慣れてきたりすると、徐々に、体重が増えなくなってくるかと思いますので、

そこから先は、普段の食事方法や、運動方法を見直していく必要があります。

自分の体重が増えていくにつれて、1日に摂らなくてはいけない、摂取カロリー量も、それにつれて、増加していくので、

それに合わせて、どんどん食事量も、増やしていかなくてはいけない、

でもやっぱり、1日に、3食4食と、きっちり食べていたとしても、

思ったよりカロリーって稼げないんですよね、

少食の人なら、尚更です。

そこで今回、登場するのが、マルトデキストリン(粉飴)です、

プロテインと、マルトデキストリン(粉飴)

基本は、この2つがあれば、ある程度のバルクアップは、十分に可能だと考えています、

僕は、それに加えて、クレアチンなども飲んだりはしていますが、

とにかく、このマルトデキストリン(粉飴)のパワーはとてつもないです、

少食の人には、本当にオススメで、カロリーを稼ぐ方法としては、実に最高です。

マルトデキストリン(粉飴)は、エネルギー補給の為に、

病院食としても、使用されていますし、安全性は高いものかと、

あとは、料金がとても安いですので、オススメです。(1kg 600~1000円位とか。)

体重を増やす為に、ウエイトゲイナー系の、プロテインを飲む事も良いかとは思うのですが、

ウエイトゲイナー系のプロテインというのは、結局、プロテインに、マルトデキストリンが含まれているというだけで、

やっている事は同じなんですよね。

僕も、ある時期から、体重が全く増えなくなってしまい、

いろいろと伸び悩んだ時期もありましたが、マルトデキストリンを摂取する事によって、

また、以前の様に、体重がガンガン増えるようになりました。

体重を増やすにあたって、僕がやってみた事、そしてその結果、かなりの効果を、感じる事が出来たものとしては、

十分なカロリーを摂る、という事に加えて、

筋トレの際の、重量を意識する事。(漸進性過負荷の原則と言われています。)

個人的には、今のところ、これが最強です、

ここら辺さえ守っておけば、骨人間から、いいカラダと言われる位までに、筋肉を増やす事は、本当に簡単です。

基本は、メインに、BIG3を持ってきて、あとは、気になる部位ごとに、メニューを組んでみる。

重量を意識しつつ、BIG3をメインに、そして、マルトデキストリン(粉飴)などを利用して、十分な栄養と休息。

ある程度、重さを意識しつつ、ガンガンにやらないと、すぐに脳や、筋肉が、その重さや、刺激に慣れてしまって、

それ以上、必要以上に、筋肉が、大きく育たなくなるようです。

ですので、普段とは、違った刺激を筋肉に与えてやるという事。(重さや、レップ数などに変化を加える。)

それが、「漸進性過負荷の原則」というやつですね。

僕は、マルトデキストリン(粉飴)を摂る際には、プロテインと、同じ量のマルトデキストリン(粉飴)を混ぜて、筋トレの途中に、飲むようにしています。

あと、寝る前にも、プロテインと混ぜて飲んでいます。

それ以外に、個人的には、卵も、最強だと考えていますので、

僕は、1日に、最低でも、3つ以上の卵を食べています。

まとめ

体重を増やす、筋肉を増やす為に、やるべき事としては、まずは、

  • 普段の自分の食事、
    摂取カロリー等を計算してみる。
  • 重量を意識して、
    BIG3をメインの筋トレ。
  • 十分な休息に、十分な栄養。

最低でも、ここら辺さえ守っていれば、日に日に、体が大きくなっていくのを、実感できるはずですので、

もし、あなたが、かなりの飽き性だとしても、

努力が、目に見える形で、すぐに表れてきますので、筋トレが、とても楽しくなる事、間違い無しです。

ぜひ、試しに、数ヶ月の間だけでも、上記で、紹介した方法を、試してみて下さい。

ぜひ、ムキムキになって、男女から、チヤホヤとされちゃいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク