インドあるある, インド人は基本、嘘つき、だけどとても面白い

シェアする

それでは、今回も、前回のインドに関する記事に引き続き、
インドつながりという事で、

インドでの、あるあるネタを、
軽く思いつく限り、まとめていきたいと思います。

関連記事

インドあるある、インド人あるある

  • 基本嘘つき。
    (インド人は、ぼったくりに成功すると、口元が、ニヤリとしてしまう傾向がある、
    それが見てて、とても面白い。)

    買い物の際に、もし、そのニヤリを見た際には、

    やっぱり買うのや~めた、と、言ってみましょう。

  • しつこい。たまにウザい。
    (その場合は、こちらがちょっと、強めに言えば、意外と、すんなりと引き下がる事が多い。)
  • リキシャーが、意地でも、ぼったくろうとしてくる。
    (最初に、100円と言ったくせに、後々になって、200円とか言い出し、その都度、もめる。)
  • 金に必死。
    (意地でも、金を多めに取ろうとする。)
  • 写真に撮られる事が好き過ぎ。
    (カメラを持って歩いていると、俺を撮ってくれと、ワヤワヤと周りから集まってくる。)
  • 男は、なぜかみんな、
    100%ワイシャツ。
  • エロい話をするのが好き、興味津々。
  • 人前で、人焼かれ過ぎ。
    (バラナシの、火葬場のエリアとかは、亡くなった方々が目の前で、バンバン燃やされている。)
  • まともな教育を、受けていない馬鹿も多過ぎ。
    (そういう奴らは、相手にすると、ちょっと厄介。)
  • 町中ウンコだらけ。
    (犬や、猫や、牛などが、そこら辺の、至る所で、ウンコをしている為。)
  • 雨が降ると、水かさが、膝上までいく、その際、道端の動物のウンコも、一緒に、膝上まで、上がってくる。
    (恐らく、排水溝のようなものが無い為。)
  • 牛多過ぎ。
    (のんびりとしてて、とても可愛い。たまに、牛のケツを、叩いたりしていると、
    それを見ていたインド人が、それはやめた方がいいよ、と、言ってくる。)
  • 犬怖過ぎ。
    (町中の狭い路地等で、ゴロゴロと寝ている。
    気付かずに、間違えて、踏みそうになる事も、多々ある。)
  • 狂犬病も怖過ぎ。
    (狂犬病に発症したら、亡くなる確率は、ほぼ100%。)
  • 病院がクソ過ぎ。
    (まともな処置もせず、ただただぼったくる。)
  • 下痢、食中毒怖過ぎ。
    (僕の友人は、以前、フライドチキンで、病院送りになっている。)
  • 気を付けないと、車に轢かれる。
    (車間距離等、そういったものは、全くお構いなし。)
  • インド人嘘つかないと、
    初めに言った奴は、馬鹿。
  • 目的地の場所がどこか聞いても、そこから10分位の場所にも関わらず、
    ここから1時間位かかるとか、平気で言ってくる
  • インド人、糞フレンドリー、
    たまにウザい。

    (ねぇねぇ、どこから来たの?とか、日本のお札見せて?とか、パスポート見せて?とか。)
  • ちょっとでも会話をしたら、すぐに、Facebookのアカウントを聞いてくる。
  • おふざけ大好き。
    (いたずらが大好きで、まるで、小学生みたい。)
  • 英語が、滅茶苦茶。
    (特にアクセント。)
  • カレーの味自体は、基本、どこで食べても、大して味に差は無いが、
    たまに、今までに食べた事の無いような、極上のカレーに出会える事がある。
  • 警察が適当、仕事をしない。
    (基本、警察も、違反しまくりだし、もし何かあっても、こちら側に、
    何かしらのコネや、そういったものがあれば、基本は、何でもあり。

    警察が、道路をバイクで、逆走するのも当たり前。)

  • チャイが安過ぎ、そして美味過ぎ。
  • 町中、ゴミと、動物だらけ。
  • そこら辺の至る所で、普通に、鳥を絞めたりしている。
    (道端で、普通に、にわとりの首をバンバン切って、
    血を抜いて、毛を毟って、解体して、と、そんな感じ。)
  • インド人、いつもニコニコ。
    (それを見ているこっちもニコニコ。)
  • インド人達のガン見怖過ぎ。
    (浅黒い肌に、真っ白な目で、こちらをギョロっと、そして、ジーっと見てくる。)
  • 道を尋ねたり、チケットを買う場所を、聞いたりした際に、
    こっちだよ、こっちだよ、と、そのまま、自分達の店に誘導、

    そして閉じ込める→ぼったくる。

  • ウンコの質、コンディションが、日本にいる時よりも、完璧。
  • トイレもすぐに慣れる。
  • インド人は、「YES」という時に、首を、縦に振るのではなく、頭を横に揺らす、それがとても可愛い、

    たまに、「YES」なのか「NO」なのか、意味が分からない時もある。

    こっちをジーっと見たまま、頭をユラユラと揺らす。(とても可愛い。)

最後に


今回は、インドについてのあるあるを、思いついたものを、そのまま、スラスラ~っと書いてみました。

一気に、一筆書きな感じで、何も迷う事無く、ここまで、スラスラと書く事が出来ました。

それだけインドは、面白い国という事ですね、

まだもっと、いろいろと考えれば、後々、もっと奇妙な事が、

沢山出てくるとは思うのですが、

その際には、またここに、追記していきたいと思います。

インドは、本当に面白い国ですね。

たまに、インドが大嫌い、という人に会う事があるのですが、

僕自身、今まで、インドで嫌な目にあったり、

食当たりなどの、辛い経験をした事も無い為、

今のところはまだ、そういった人達の気持ちが、分からない部分もあるのですが、

もし、一言、言えるとするならば、僕がもし、女性だった場合は、

間違いなく、一人でインドに行く事はしません。(恐らく、気にし過ぎ。)

たまに、女性一人で、インド旅行をした事がある、などという人がいますが、
僕だったら、ちょっと怖くて、なかなか真似出来ないですね。

僕は、男なので、周りから、変にセクハラを受けたり、

そういった事をされる心配は、ほぼほぼ無いのですが、

もし、僕が、女性だった場合、例えば、電車の中などで、

周りから、しつこい位に、ガンガン話しかけられるのも、ちょっとどうかと思いますし、

のんびりと、寝台列車等で、寝ていられません。

電車のドアなんかは、走っている最中でも、常に開きっぱなしなので、

夜、訳の分からない田舎道を、走っている時に、窓の外などに、

無理矢理降ろされたりなんかしたら、もう、おしまいですからね。

女性が海外を旅行する際には、男性と比べても、

多少のリスクがつきまといますからね。

そこら辺、男性と女性は、平等ではないです。

という事で、もし、女性の方で、

インドを旅行してみたいというような、物好きな方がいましたら、

出来れば、友人と、もしくは、男性と一緒に、行動をしてみると、いいと思います。

インドは、海外の、他の旅行先では、なかなか味わえないような出来事も、

本当に、頻繁に起きますし、とても楽しい事、間違い無しです。

本当に、おススメですので、興味がある方は、ぜひ、一度、

足を運んでみていただけたらなぁ、と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク