【世界遺産観光】中国旅行に最適!四川省 成都から東チベットまで

シェアする

前回は、四川省出身の、コスプレイヤーを紹介したのですが、

今回も、四川省つながりという事で、四川省の様々なエリアの、ほんの一部を、紹介していきたいと思います。

四川省のおすすめ観光地や、見どころ

まずは、四川省と聞いて、何を思い浮かべるか、

一般的には、麻婆豆腐や、担々麵などの、辛い食べ物(四川料理)や、パンダ、この辺りでしょうか?

たまに、中国って、空気が汚れてて、汚いんでしょ?とか、

中国人って、うるさいんでしょ?とか、中国って、トイレないんでしょ?とか、

そういった事を言う方々がいますが、それは、半分は当たりで、半分はハズレです。

四川省で、一番大きな街は、「成都」という街になるのですが、

四川省も、成都自体は、電車や、バスなどの公共機関も、とてもしっかりとしていて、かなり、大きな町だったりもするのですが、

街の中心部を離れると、考えられない位の、田舎になったりもします。

その田舎のレベルが尋常ではなく、標高が、富士山並みの地域も、普通にあります。

ただ単に、四川省といっても、かなり大きいです、

四川省という、一つの省だけでも、日本の総面積よりも広いですからね、
そんな地域(省)が、中国国内には、沢山あります。

中国は、単純に考えて、日本の25倍以上の、面積がありますからね。

中国人は、ああだこうだと、単純に、一括りには、出来ない理由が、ここにあります。

中国というのは、普通の日本人の感覚からすると、考えられない位に、とにかく、いろいろな文化や、人種等で、入り乱れています。

中国国内には、ほぼ東京と、同じような、大きな都市も沢山ありますし、かといって、突拍子もないような、田舎も沢山あります。

日本の様な、単一民族の、小さな島国感覚で、物事を考えても、しょうがない部分もとても多いです。

個人的な意見としては、日本なんかよりも、進んでいる部分も、中国には、かなりありますし、

日本、日本人が、中国から学ぶべき部分も、沢山あるなと、日々感じています。

今回おすすめするのは、そういった、中国四川省の中でも、比較的、アクセスがしやすい、おすすめのエリアですね。

映画「霊幻道士」のロケ地 黄龍渓古鎮

「黄龍渓古鎮」は、成都からバスで、1時間以内の距離にある古い町です。

1700年以上の歴史を持つ古い町で、香港映画「霊幻道士」の、ロケ地にもなった場所ですね。

キョンシー世代の人は、ぜひ一度は、訪れるべき場所です。

町自体は、かなりのんびりとしていて、観光客で、ごった返している訳でもなく、まるで、田舎に帰ってきたような気分になるような場所ですね。

本当に、のんびり出来ます。

古鎮、古い町好きには、ぜひ、おすすめのスポットです。

70mの巨大な大仏がある 楽山(リーシャン)

楽山に関しては、前回の記事でも、少し紹介したのですが、

成都から比較的、通いやすい距離にあります、

見どころは、やはり、世界遺産である、「楽山大仏」でしょうね。

あとは、ビザの更新が、一日で済むところ、

もし、ビザの残り期限が少ないという場合、楽山まで行けば、ビザの延長が、一日で済みます。(通常は、一週間程かかる)

行って損はない場所ですし、成都から日帰りも、十分に可能です。

色達, ラルンガルゴンパ(喇荣五明佛学院)

成都からも、ちょっと遠めで、それでも、一応バスが通っている為、比較的、行きやすい場所にある、有名どころといえば、

色達という町の近くの、ラルンガルゴンパ(喇荣五明佛学院)があります。

四川省に行って、ここに行かないのは、少し勿体無いのでは?という事で、今回紹介します。

成都からだと、バスで、12~13時間程、(早い時は、10時間程度で着くみたい。)

色達までは、雲南省側から、周ってきても、楽しいですね。


四川省には、東京のような大都市もあれば、

こういった、訳の分からない地域も、あったりするので、旅行をしていて、とても楽しいです。

普通に、日本に住んでいるだけでは、到底見る事の出来ないような景色等を、

中国では、比較的、簡単に、見る事が出来てしまいますからね。

中国は、旅行をするには、本当に、素敵で楽しい国だと思います。

特に、ここら辺のエリアに関しては、チベット圏の文化が、色濃く残っていますので、

場所によっては、「鳥葬」なども、見る事が出来てしまいます。

(鳥葬とは、亡くなった方々を、火葬や土葬などではなく、鳥に食べさせるという方法)

  • 火葬 → 焼く(日本だとこれ)
  • 土葬 → 埋める
  • 鳥葬 → 鳥に食べさせる
  • もう少し細かく言うと、亡くなった方々を、鳥が食べやすいように、斧などで、切り刻んで解体し、

    鳥が全て食べ終わった後に、最終的に、骨だけが残る。

    あれは、間近で見ると、本当に、壮絶ですね、

    私自身は、ああいったものを見るのが、とても好きですし、

    何だったら、自分で、キレイに解体したい位です。

    中国は、本当に凄いですよね。

    普通の日本人の感覚だと、考えもつかないような、風習や、自然や、人々の行動等、本当に滅茶苦茶です。

    最後に

    このように、中国は、本当に見どころが沢山で、日本にいては、

    到底出くわす事の無いような、奇妙な出来事が、中国では、頻繁に起きます。

    そこら辺もまた、中国旅行の面白さの一つですね。

    中国がどれだけ大きくて、奇妙で、楽しいかというのは、

    実際に体験、体感してみないと、なかなか、分かるものではないのかもしれません。

    今回紹介した地域以外にも、バスが通っていて、比較的、成都からも行きやすい町や地域は、いくつかありますが、

    どこに行っても、本当に素晴らしい所ばかりです。

    他にも、チベット色が強い地域だと、「郷城」、「理塘」、「康定」などがありますが、バス移動が長いので、結構大変です。

    ただ、どれも素敵な町ばかりです。

    もし「鳥葬」を見たい、という事でしたら、ラルンガルゴンパよりも、理塘(リタン)の方がいいでしょう。

    もしも、グロ耐性が無いという事でしたら、わざわざ理塘まで、行く必要は無いと思います。

    国土が大きい国というのは、旅行をしていても、とても楽しいですね、

    地域によって、本当に、いろいろな見どころがあります。

    中国は、ただ一つの省だけ取っても、これだけ、見応えがあるものばかりですから、

    日本から、これだけ近場に、これだけ素敵な国があるんですから、

    ぜひ、行かない手は無いです。

    中国旅行は、本当に最高です。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク