【バックパッカー】長期旅行に、おすすめな持ち物、必需品など

シェアする

本日は、
長期旅行をする際に、
あると便利、もしくは、
必須なアイテムを紹介したいと思います。

ある程度の物は、海外でも、
揃える事は出来るのですが、
やっぱり日本の製品というのは、
品質が良く、安い物が多いです。

今回紹介するものは、
日本国内でしたら、
どこでも手軽に、
揃える事が出来る物ばかりです。

準備万端で、忘れ物のないように、
便利で楽しく、旅行が出来るといいですね。

S字フック

シャワーやトイレをする際に、
もしこれが無いと、
とても苦労する場面に、
多く出くわすと思います。

海外のトイレに入ると、
床が水浸しで、
泥だらけの所も少なくないです。

もちろん、
荷物を置くスペースなどもある訳が無く、
うんこをする際にも、
バッグを持ちながら、
しなくてはいけなくなります。

シャワールームも、
床が結構ビチョビチョだったりもするので、

S字フックがあると、
シャワールーム内に、
荷物をかける事が出来、

自分の目の届く範囲に、
荷物を置く事が出来るので、
盗難の心配等も減ります。

かさばる物でもありませんし、
100円ショップなどで買っておくと、
何かと便利です。

個人的には、必須ですね。

サンダル

サンダルは、
シャワー中でも、トイレでも、
どこでも使えます。

毎日靴を履いていると、
足も蒸れて暑いですし、

旅行も、
ある程度時間が経ってくると、
靴なんか面倒くさくなって、
終いにはサンダルしか、
履かなくなってくるかと思います。

ただ、
ビーチサンダルのような作りの物は、
すぐに外れて壊れてしまいますので、
ちゃんとした形の物を買いましょう。
(個人的には、
クロックスもとても蒸れるので却下。)

こういったタイプの物よりは、

こういったタイプの物の方が、
壊れにくい。

(ビーチサンダルは、
親指と中指の部分が、
外れてすぐに壊れる。)

ただ夏、
外出中の際には、
蚊に沢山刺される場合もあります。

そういった場合は、
長ズボンに、靴とかの方が、
良いのかもしれませんね。

折り畳みタイプのキャリーカート(コロコロ)

個人的に、
キャリーカートは、
長期旅行をする際には、
最も重要な物ですね。

僕はいつも、キャリーカートに、
自分のバックパックを乗せて、
いつもコロコロと、
それを引いて移動しています。

見た目的には、バックパックの方が、
旅行者な感じがして、
かっこいいかもしれないですね。

ただ、疲れ方からすると、
断然キャリーカートの方がいいです。

僕はもう、
キャリーカート無しに、
旅行なんかしたくありません。

バックパックは、何気に重いし、
それを、毎度背負っての移動は、
大変だし、とても疲れます。

キャリーカートの場合は、
ただ転がすだけなので、
全く重くもないですし、

もし途中で、
カートのタイヤが壊れたとしても、

そのカートだけ捨てて、
あとはまた新しい物を買えば、
また今まで通り、旅が出来ます。
(キャリーカートはかなり丈夫な為、
実際、今までに壊れた事は無いです。)

道が悪くて、
ゴロゴロを引けない国というのは、
今の世の中なかなか無いです。

大体ほとんどの国の道路は、
きちんと舗装されてますし、

多少の汚い道位でしたら、
カートで気にせずガンガン歩けます。

ただ多少、
歴史のあるような古い町など、
石畳が敷き詰められたような所だと、
コロコロを転がすのはきついですが、

もしそういった場所に行った場合は、
そのバックパックを、
キャリーカートから外して、
そのまま、
背中に背負う事も可能なので、

コロコロ(キャリーカート)を、
選ばない理由は無いですね。

海外の人達もみんな、
「あなたは本当に頭がいいわねー、
羨ましいわ。」と、
いつも感心してます。

本当に疲れ方も、全く違いますし、
とにかく何かと便利です。

キャリーカートは、
その人の身長にもよりますが、
出来るだけ、
高さはあった方がいいです。

そうしないと、
自分の身長に合わないキャリーカートを、
無理矢理転がしていると、
途中で背中が痛くなってきます。

目安としては、
身長が、大体180cm位の人の場合、

カートの高さが、100cm程度あれば、
全く問題無いかと思います。
(僕自身の身長が、約180cm位の為。)

ちなみに、
僕がつかっているのは、
このタイプです。

僕は今、
これと全く同じものを、
使っているのですが、

もし、これが壊れたとしても、
また同じものを買うと思います。

このキャリーカートは、
タイヤも大きく、とても丈夫です。

ジップロック

いろいろと、
何かと小分けにして、
分けるのにとても便利です。

バックにいろいろと入れていると、
ゴチャゴチャになりがちですからね。

化粧品や、薬等で分けてもいいし、
もし破れたとしても交換可能ですし、
場所を取る物でも無いですからね。

あと、意外と丈夫なので、
なかなか破れる事も少ないです。

ジップロックは、毎度、
便利な物リストの上位に入ります。

ハンガー、洗濯物干し

もし、洗濯物干しだけだと、
Tシャツを何枚か干したら、
それで終わりなので、
少し足りないかと思います。

Tシャツ以外に、
下着などもありますからね。

ゲストハウスや、
ドミトリーなどにそういった物や、
スペースは意外とありません。

ハンガーは、
2, 3個あると、本当に便利です。

大きいゴミ袋

わざわざ、
バックパックのカバー等を買わなくても、
個人的には、これだけで十分なのでは?
と思います。

利用する機会は、
そう多くはありませんが、
突然の雨の時などに、便利ですね。

自分の荷物に被せる以外にも、
最悪自分でも、
頭からかぶれますからね。

見た目も、
そんなにキレイなものでは無いため、
泥棒も持って行かないかも?

折り畳み傘

意外と便利。
いきなりの雨でも大丈夫。

海外の折り畳み傘は、すぐに壊れます。

日本の製品は本当にいいですよ。
流石はメイドインジャパンですね。

爪切り、ピンセット(毛抜き)

これも、
流石はメイドインジャパンです。

海外の物は、
あまり品質が良くないです。

ピンセットや、毛抜きは、
毛の処理以外にも、
指などに、
何かが刺さった時とかにもいいですね。

爪切りは、
意外と必需品です。

爪は結構すぐに伸びてきますからね。

必須です。

石鹸

頭も体も、
これ一つで十分。

個人的には、
シャンプーとかリンスとかを、
わざわざ、
持っていく人の気がしれないです。

石鹸で頭を洗って、
ギシギシするというのも、
ほんの数日だけ。

単なる慣れの問題です。

犬に噛まれた時の、
狂犬病予防の際の、
洗浄用にも使えますしね。

(もし犬に噛まれてしまった場合は、
早めに病院に行きましょう。
狂犬病の致死率は、ほぼ100%ですよ!)

Facebookアカウント(フェイスブック)

旅行先で知り合った人との、
連絡先の交換用に。

連絡先を交換後、
メッセージのやり取りや、
情報交換をする際にも、
とても便利ですね。

持ってて損はないです。

Wechat(微信, ウェイシン)

Wechat(微信, ウェイシン)は、
中国版のLINEみたいな物で、

中国人との、
連絡先交換の際には、必須です

中国国内では、
Facebookや、
Google等のサービス等が、
利用出来ない為、
中国人との交流を考えている方は、
このアプリは必須です。

他には、
中国でしか使えないアプリなど
(地図サービスやいろいろ。)
を、ダウンロードしておくと、
何かと便利な場面も、
かなり出てくるかと思います。

ネックピロー

電車やバスなどでの、
長距離移動が多い場合、

ネックピローがあると、
睡眠の質が、全く変わり、
寝て起きても、首や肩が痛くないです。

ガタンガタンと揺れるところだと、
頭がグラングランに揺れて、

車内の窓に、
頭がボコンボコンと当たって
寝るのに、
相当苦労する事がありますからね。

まず、
ぐっすりと寝付けませんし、
とにかく疲れます。

ネックピローは、
空気を入れて膨らますタイプの物が、
かさばらず、邪魔にならずで便利です。

最悪、大きめのバスタオルがあれば、
それを首に巻いて、
寝るという方法もあるかと思います。

長距離移動が多い場合、
ネックピローは最高の友です。

日焼け止め

まず、
日焼けすると、本当に老けます。

長期旅行中、
日焼けのケアをするのと、
しないのとでは、
帰国後の、
シミや、しわなどにとても影響します。

日焼けすると、
本当に、びっくりする位に、
シミなどが増えますからね。

意外と、
日本の日焼け止めは、
品質がとてもいいです。

おすすめです。

虫よけ、蚊を殺すやつ

ワンプッシュで、
蚊を殺すタイプの物と、
塗るタイプのものと、
2種類持っていくといいですね。

ワンプッシュで、
蚊を殺せるタイプの物は、
結構強力で、あると相当便利です。

部屋に蚊がいると、
のんびりと、
睡眠どころじゃなくなりますからね。
マラリアなどの危険性も出てきますよ。)

虫よけは無いと、何気に辛いです。

ライト

必須ではないかもしれませんが、
あると、何かと便利です。

夜、電灯も何も無いような、
田舎に行けば行く程、いいですね。

あと、最後に、
今適当に思いついたのですが、

縄跳びや、
単なるひも状の物もあると、
意外と便利かもしれません。
(洗濯物干しや、野良犬を追い払う専用。)

ひも状のようなもので犬を追い払うと、
効果てきめんといったような事を、
以前インド人に教えてもらいました。
インドの犬は本当に怖過ぎ。
(実際インドでは、
狂犬病で亡くなっている人が、
とても多い。)

短期旅行に関しては、
ただバックに下着や着る洋服だけを、
持っていけばいいのでしょうが、

長期旅行となると、
それなりに、
前もって準備をしていった方が、
後々、
何かと快適に過ごせるかと思います。

品質も、
日本の製品は、
海外の物と比べても、
遥かにいいですからね。

あと、同じ商品でも、
意外と、海外で買うよりも、
全然安かったりします。

他にも、
今回紹介したもの以外に、
メモ帳や、
カメラなどもあると便利ですが、
そこら辺はまぁ適当で。

出来るだけ、
準備万端で、楽しく旅行しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク